UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18055

8.1 EDK GDB - ISOCM メモリのデバッグ ソフトウェアの制限

説明

キーワード : EST, XMD, ISOCM, OCM, breakpoints, memory, PPC, PowerPC, ブレイクポイント, メモリ

ISOCM メモリのデバッグ ソフトウェアを使用する上での制限について教えてください。 メモリの読み出し/書き込みは可能ですか。 ブレイクポイントを指定できますか。

ソリューション

これらの質問への解答を読む前に、MHS ファイルで ISOCM CNTLR とブロック RAM 間の接続を参照してください。

MHS セクションの例 :

BEGIN isbram_if_cntlr
PARAMETER INSTANCE = isbram_if_cntlr_0
PARAMETER HW_VER = 3.00.a
PARAMETER C_BASEADDR = 0x50000000
PARAMETER C_HIGHADDR = 0x50000FFF
BUS_INTERFACE DCR_WRITE_PORT = isocm_porta
BUS_INTERFACE INSTRN_READ_PORT = isocm_portb
BUS_INTERFACE ISOCM = isocm_i
PORT BRAMISOCMCLK = plb_clk
END

BEGIN bram_block
PARAMETER INSTANCE = bram_block_2
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
BUS_INTERFACE PORTA = isocm_porta
BUS_INTERFACE PORTB = isocm_portb
END

デュアルポート ブロック RAM のポートは、1 つが DCR 書き込み用に、もう 1 つは命令読み出し用に接続されています。 このため、ISOCM メモリはデータ パス上で読み出すことができないので、GDB でソフトウェア ブレイクポイントを指定できません。 GDB/XMD を使用すると、ISOCM メモリ空間にハードウェア ブレイクポイントを 4 つまで指定できます。

ISOCM メモリのデータ パスに制限があるため、XMD または GDB から ISOCM メモリを読み出すことはできません。また、GDB のメモリ ウィンドウも使用しないでください。
AR# 18055
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加