UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18077

CORE Generator - 新しい IP コア ライセンスが XIL_CG_LICENSE_DIR 変数で指定しても認識されない

説明

キーワード : flex_lm, Macrovision, directory, search, path, LogiCORE, XILINXD_LICENSE_FILE, LM_LICENSE_FILE, ディレクトリ, 検索パス, ライセンス ファイル

IP コアに必要なライセンス ファイルを XIL_CG_LICENSE_DIR 変数を使用して指定していますが、ザイリンクス コアの新しい FlexLM ベースのライセンスはこの変数で指定しても認識されません。

ソリューション

1

6.3i から、IP コアに対して FlexLM ベースのライセンスと所有ライセンスの両方を提供するようになりました。

ライセンスを HOMEDRIVE (Windows) または HOME (UNIX および Linux) ディレクトリ以外に配置する場合、所有ライセンスでは XIL_CG_LICENSE_DIR 環境変数をライセンス ファイルが保存されているディレクトリに設定しますが、FlexLM ベース ライセンスでは XILINXD_LICENSE_FILE 変数を使用します。

XILINXD_LICENSE_FILE を IP LogiCORE ライセンス ファイルが含まれるディレクトリに設定してください。

LM_LICENSE_FILE 変数も使用できますが、Macrovision 社ではザイリンクス専用の XILINXD_LICENSE_FILE 変数を使用することを推奨しています。

2

CORE Generator に含まれるほとんどのコアには、ライセンスは必要ありません。より複雑なシステム レベルのコアの場合、ライセンスを購入する必要がありますが、無償の評価版が提供されていることもあります。ISE リリースCD または IP アップデートに、電子ライセンス キーが必要なコアが含まれている場合があります。

ザイリンクスのライセンス情報は、次のサイトを参照してください。
http://japan.xilinx.com/ipcenter/ip_license/ip_licensing_help.htm

次のライセンスがあります。

フル システム ハードウェア評価ライセンス
プログラムしたザイリンクス デバイスでのコアの動作を評価できます。フル システム ハードウェア評価をサポートするコアでは、次の操作を実行できます。

- コアのデザインへの組み込み
- デザインでのマップ、配置配線の実行
- ビットストリームの生成
- デザインのターゲット ザイリンクス FPGA へのプログラム
- タイミング シミュレーションおよびスタティック タイミング解析の実行
- 製品に付属している全マニュアルの参照

ビットストリームを生成して FPGA をプログラムする場合、コアによって、2 ~ 8 時間の間にプログラムされたデバイスでコアが機能しなくなります。デバイスを再び動作させるには、リセットするかビットストリームを再度プログラムする必要があります。

フル リリース IP ライセンス
コアの機能をすべて使用できます。

コアのライセンスのステータスは、コアを右クリックして [View License Status] をクリックすると表示されます。

ハードウェア評価およびフル リリース ライセンスは、コアの製品ページから請求できます。コアの製品ページは、次のザイリンクス IP センタ ページで [詳細検索] の下の [IP コア、リファレンス デザイン、デザイン サービス] をクリックすると検索できます。
http://japan.xilinx.com/ipcenter

ライセンス キーを取得するには、IP ラウンジに登録し、オンライン請求フォームに記入してください。フル リリース コア ライセンスを取得するには、シリアル番号も必要です。詳細およびライセンスのインストール方法は、コアの製品ページを参照してください。この作業が完了したら、コアの評価版またはフル リリース版を使用できるようになります。

3

IP ライセンスのインストール
Windows : ライセンスを、WinZip などの解凍ユーティリティを使用して、HOMEDRIVE 環境変数で指定されたドライブにインストールしてください。電子メールで送付されたライセンス ZIP ファイルには、特定のディレクトリにライセンス キーが含まれているので、ZIP ファイルを解凍する際にディレクトリ構造を維持する必要があります。たとえば WinZip では、[Use folder names] チェック ボックスがオンになっていることを確認してください。HOMEDRIVE 変数の値を確認するには、MS-DOS プロンプトで次のコマンドを入力します。

ms-dos> set HOMEDRIVE HOMEDRIVE=C:

Solaris および Linux : ライセンスを HOME ディレクトリにインストールしてください。一般的なコンフィギュレーションでは、シェル プロンプトで次のコマンドを使用すると HOME ディレクトリを確認できます。

<unix-shell> echo $HOME
例 :
# HOME ディレクトリに移動 unix-shell> cd # ライセンスを解凍 unix-shell> unzip core_licenses.zip

Windows : インストールされたライセンス ファイルは C:\.Xilinx\Coregen\CoreLicenses\ に保存され、拡張子は .lic です (Xilinx の前にピリオドがあることに注意)。

Solaris および Linux : インストールされたライセンス ファイルは ~/.Xilinx/Coregen/CoreLicenses/ に保存され、拡張子は .lic です。
AR# 18077
日付 04/07/2009
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加