UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18288

6.2 System Generator for DSP - DDS モジュールに位相インクリメントを指定する方法

説明

キーワード : SysGen, register, レジスタ

重要度 : 標準

概要 :
System Generator for DSP v6.2 で、DDS モジュールに位相インクリメントを指定する方法について教えてください。

ソリューション

DOS の出力周波数はその位相インクリメントによって制御されます。 DDS の位相インクリメントが 1/10 とすると、10 回のサンプリングで 1 つの 正弦波が完了することを表します。

レジスタ型の位相インクリメントを使用した場合、DDS の DATA ポートにはフォーマット UFIX_32_32 を使用した定数分数が送り込まれます。 DDS ポートの DATA 入力には、次のような制限があります。

- 32 ビット (DDS のアキュムレータ幅)
- 符号なし
- 2 進小数点は 2 進数幅と同じでなければならない

System Generator ライブラリには、ザイリンクス ブロックセット Constant があります。すべての定数には、明示的に定義されたサンプリング タイムがなければなりません。

メモ : 位相インクリメントは、DDS のヘルプから、リンクされた CORE Generator の DDS コアのデータシートで表示されているのと同じようには指定されません。

System Generator のフローでは、少数を入力できます。 この少数を定義するには、DDS ブロックをダブルクリックしてから [Help] ボタンをクリックしてください。
AR# 18288
日付 12/17/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加