AR# 18333

|

Project Navigator - インスタンシエートされたコンポーネントの階層の横に疑問符が表示されている

説明

Project Navigator で、プロジェクトに追加されているソース ファイルはすべて、デザインで使用されるとおりに階層表示されています。インスタンシエートされたコンポーネントの階層の横に疑問符が表示されていますが、これはどういう意味ですか。

ソリューション


階層のコンポーネント名の横に表示されている疑問符は、(1) コンポーネントが、階層のすぐ上のソース ファイルでインスタンシエートされている、(2) Project Navigator でそのコンポーネント名がプロジェクトに追加されているソースとして認識されていない、ことを示しています。

これは次の状況で発生します。

1. 基本となっているソースがプロジェクトにまだ追加されていません。

2. 基本となっているソースがプロジェクトに追加されていますが、モジュール名がそのコンポーネントのインスタンシエーション名と一致しません。
- 下位ソース ファイルのモジュール名が上位ソース ファイルのコンポーネント名と一致していることを確認します。

3. VHDL でのブラック ボックス インスタンシエーション。
Project Navigator 6.1i およびそれ以降のバージョンでは、インスタンシエートされたブラック ボックス コンポーネントがデザインに含まれていることを示すため、それに疑問符が付けられています。5.2i では、ブラック ボックス属性のあるコンポーネントはソースの階層には表示されていなかったのですが、それが変更になりました。このケースでは、プロジェクト ディレクトリまたは検索パスにブラック ボックスに関連付けられたネットリストがある限り、エラーなしにデザインを合成およびインプリメントすることができるはずです。疑問符アイコンは、各ブラック ボックス コンポーネントに対しエンティティおよび空のアーキテクチャを設定した新しいファイルを作成すると、モジュール ファイル アイコンに変わります。

4. インスタンシエートされているザイリンクス プリミティブ (UniSim コンポーネント) が Project Navigator の階層パーサーで認識されていますが、階層に表示されるべきではありません。しかし、ISE 8.1i では、UniSim ライブラリが use または include 文を使用して含められていないと、インスタンシエートされているプリミティブは階層に表示されます。

5. コンポーネントがまだ生成されていません。[Post Translate]、[Post-MAP]、[Post-PAR] などのシミュレーション ビューでは、UUT はザイリンクス ネットリスト フォーマットのファイル (NGC、NCD など) から生成されています。選択されているインプリメンテーション ステージに応じて [Generate Simulation Model] プロセスが実行されるまで、コンポーネントは階層には表示されません。

6. [Implementation] または [All] の表示に関連付けられているとおりに、プロジェクトにシミュレーション専用のテストベンチ ファイルが追加されています。つまり、Project Navigator ではこのモジュールに対しシミュレーション モデルが必要になります。これを修正するには次の手順に従います。
A.[Design] パネルの [File] タブをクリックします。
B.問題となっているモジュールを右クリックし、[Source Properties] をクリックします。
C.[View Association] を [Simulation] に変更します。
AR# 18333
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
People Also Viewed