AR# 18368

6.1i Virtex-II PAR - 配置プログラムが、MPPR の 2 番目のコストテーブル実行中にフェーズ 2.2 で停止する

説明

キーワード : MPPR, 2nd, second, cost, pass, crash, fails, コスト, パス, クラッシュ, エラー

重要度 : 重要

概要 :
配置のフェーズ 2.2 で MPPR の 2 番目のパスを実行中に、PAR が停止します。 エラーの原因はソフトウェアのバグで、今後修正が予定されています。

ソリューション


この問題は、現在のところ 12月 11日にリリース予定の 6.1i サービス パック 3 で修正される予定です。

一方、回避策はコマンドライン スクリプトを作成し、異なるコスト テーブルを使用して複数シングル パスの PAR のジョブを実行します。たとえば -t 5 で、コストテーブル 5 を実行します。

このフェーズは、クロック ドメインの配置の計算に関係しています。 クロック ドメインがすでにエリア制約されている場合、また含まれる BUFGMUX の数と配置にプライマリ/セカンダリ クロックの競合の可能性がない場合には、環境変数 XIL_PAR_SKIPAUTOCLOCKPLACEMENT の設定による配置エラーを回避できます。
AR# 18368
日付 10/23/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般