UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18416

6.3i パーシャル リコンフィギュレーション - Spartan-3/-3E デバイスのパーシャル リコンフィギュレーション

説明

キーワード : ISE, 5.1i, 5.2i, reconfig, configuration, modular, BitGen, ICAP, パーシャル リコンフィギュレーション, コンフィギュレーション, モジュール

Spartan-3/-3E デバイスでパーシャル リコンフィギュレーションを実行できますか。

ソリューション

Spartan-3/-3E デバイスではパーシャル リコンフィギュレーションがサポートされていますが、BitGen の -r コマンドを使用して実行する必要があります。
このコマンドを使用すると、2 つのデザインが比較され、デザイン間で異なる列のみが含まれたビットストリームが生成されます。

Spartan-3/-3E デバイスのリコンフィギュレーションされる列にある、変更されていないビットは、リコンフィギュレーション中に一時的にリセットされます。 したがって、この方法を使用する場合は、デザイン間の通信にハンドシェイク手法を用いてこうした問題に対応する必要があります。

コマンド ラインの例 :
bitgen -g ActiveReconfig:Yes -g Persist:Yes -r design1.bit design2.ncd and_test2_partial.bit

また、次の点に注意してください。
- Spartan-3/-3E デバイスでは、ICAP を使用したパーシャル リコンフィギュレーションはサポートされません。
- Spartan-3/-3E アーキテクチャには TBUF が含まれていないため、現在のところ、モジュール ベースのパーシャル リコンフィギュレーションで使用可能なバス マクロに対するソリューションはありません。
- パーシャル リコンフィギュレーションは、JTAG と SelectMAP インターフェイスのみでサポートされます。 SelectMAP インターフェイスを使用する場合、-g Persist オプションを使用して、初期ビットストリームの設定を行う必要があります。 詳細については、アプリケーション ノート (Xilinx XAPP290) 『Two Flows for Partial Reconfiguration: Module Based or Difference-Based』を参照してください。
AR# 18416
日付 04/27/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加