UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18448

6.1i EDK - 割り込み制御のためのレベル 1 ドライバとレベル 0 ドライバの相違点

説明

キーワード : EDK, LibGen, XPS, interrupt, Level 0, Level 1, Interrupt Management, 割り込み

重要度 : 標準

概要 :
割り込み制御に使用するレベル 1 ドライバとレベル 0 ドライバの相違点を教えてください。

ソリューション

レベル 0 :
割り込みは、割り込みコントローラのスタティック ベクタ テーブルを作成することによって管理され、すべてのハンドラ ルーチンは、このテーブルにあります。 割り込みがコントローラに接続される目的にかかわらず、それぞれにハンドラ ルーチンがあり、テーブルはルーチン情報で埋まっています。 このテーブルには、優先度に関する情報も含まれます。 いったんシステムを構築すると、割り込みに接続したペリフェラルに対して、ほかのハンドリング ルーチンを登録することはできません。

レベル 1 :
割り込みの管理では、ランタイムでハンドリング ルーチンの登録に柔軟性があります。 この高レベルの割り込みを使用する場合、ペリフェラルの割り込みハンドラ ルーチンと同時にペリフェラル割り込みのエーブル/ディスエーブルとダイナミックに登録する必要があります。 ここでは、ベクタ テーブルは作成されません。

詳細については、EDK インストール ディレクトリ の docs フォルダにある est_guide.pdf を参照してください。
AR# 18448
日付 04/28/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加