UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18457

CPLD CoolRunner-II - 電源投入シーケンスの影響について

説明

キーワード : Vccint, Vccio, order, ramp, 順序, ランプ

CoolRunner-II CPLD に電源投入する場合、推奨シーケンスを教えてください。

ソリューション

電源 (Vccint、Vccio、Vaux) の投入順序がどのような場合でも、デバイスは破損しません。

次の説明文で、Vccio は Vccio と Vaux の両方を指しています。 Vccio と Vaux の電源投入の順序は、どちらが先でも問題ありません。

Vccio より先に Vccint を適用するように推奨されていますが、その必要はありません。 このシーケンスの場合、Vccio が適用されるとすぐにデバイスがコンフィギュレーションでき、機能できます。 このため、Vccio がランプアップする間、余分な電流が流れる可能性があります。 この電流量は、ボードの I/O のロードによって異なるため断定できません。

Vccint より先に Vccio を適用すると、Vccint がパワーアップ中に流れる電流量が少なくなります。 ただし、I/O は、Vccint が High になっても Low 駆動する場合があります。 これによりデバイスが破損することはありません。
AR# 18457
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加