UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18555

6.1i スピード ファイル - 「WARNING:Timing: 2719 The clock CLKCPU has a low pulse width of 1650 ps」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : Timing, PPC405, PowerPC, CPU, DISOPERANDFWD, FWD, 2719, タイミング

重要度 : 標準

概要 :
PPC405 デザインでスタティック タイミング解析を実行すると、次のようなメッセージが表示されます。

"WARNING:Timing:2719 - The clock CLKCPU has a low pulse width of 1650 ps and a
high pulse width of 1650 ps. This violates the pulse width of component
top_cpu/PPC405 which has a minimum low pulse width of 1724 ps and a minimum
high pulse width of 1724 ps.
WARNING:Timing:2719 - The clock CLKCPU has a low pulse width of 1650 ps and a
high pulse width of 1650 ps. This violates the pulse width of component
top_cpu/PPC405 which has a minimum low pulse width of 1724 ps and a minimum
high pulse width of 1724 ps."

このアンサーでは、警告メッセージの意味とそれに対する解決方法について説明します。

ソリューション

クロック パルス幅チェックでは、コンポーネントがその周波数範囲内でクロックされるかどうかが確認されます。 この場合、PERIOD 制約がスピード ファイルの最小パルス幅に対して確認されます。 このチェックにより、そのコンポーネントにデューティ サイクルの制限が適用されていることが確認されます。 <br>メモ : タイミングでも周波数チェックは実行されます。

PPC405 インスタンスのさまざまな設定により、使用されるパルス値が変更されることがあります。

オペランド フォワーディングをユーザーがオンにした場合 (デフォルトはオフ)、チェックが厳しくなりすぎるという問題があります。 オペランド フォワーディングがオフの場合は、クロックに 50-50 のデューティ サイクルがあるため、次の周波数の警告メッセージは当てはまらず、上記の警告メッセージも無視して問題ありません。

"WARNING:Timing:2751 - The clock ppc_clk_s has a period (frequency) specification
of 3333 ps (300.03 Mhz). This violates the minimum period (maximum
frequency) for component ppc405_0/ppc405_0/PPC405_i of 3449 ps (289.94 Mhz)."

この問題は、次のリリースで修正される予定です。
AR# 18555
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加