AR# 18605

|

XST - VHDL の未接続ポートおよび初期状態の処理方法

説明

キーワード : state, IEEE, ステート

XST では初期状態はどのように処理されますか。また、未接続ポートはどのように処理されますか。

ソリューション

XST では、次の図に示すように、信号の初期値に基づいてメモリ エレメントが初期化されます。

初期値を設定したフリップフロップ
初期値を設定したフリップフロップ



この例では、信号 q に推論されるリセット フリップフロップの初期ステートは 1 です。FPGA のコンフィギュレーションが終了すると、信号 q 上のフリップフロップはリセット フリップフロップですが、ステートは 1 になります。 信号 q を 1 に初期化しない場合は、デフォルトで 0 に設定されます。 この場合、ザイリンクス FPGA のメモリ エレメントは既知の値である必要があるので、IEEE 規格 (std_logic のデフォルト値は U) には従いません。

XST では、信号を初期化する際、可能な限り VHDL IEEE 規格に従います。初期値が指定されていない場合は、言語リファレンス マニュアルに記載されているデフォルト値が使用されます (可能な場合)。

初期値
初期値



未接続の出力/入出力/バッファ ポートは、デフォルトで上記の値に設定されます。ポートに初期状態がある場合は、未接続のポートは定義された状態になるよう接続されます。 IEEE 規格によると、入力ポートを未接続のままにすることはできません。 このため、入力ポートに open キーワードが付けられていても、ポートが未接続の場合はエラー メッセージが表示されます。
AR# 18605
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed