UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18756

6.2 EDK - IP ペリフェラル ウィザードでバスが間違って接続される

説明

キーワード : EDK, 6.1, Peripheral, Wizard, bus, naming, connect, ぺリフェラル, ウィザード, バス, ネーミング, 命名, 接続

重要度 : 標準

概要 :
次の例に従って Peripheral Wizard を実行すると、PCIslave_DBus が Sl_DBus ではなく M_DBus に接続されてしまいます。 Sl_DBus には何も接続されません。 (この問題は MPD ファイルで発生します。)

この問題はテキスト エディタで簡単に修正できますが、XST で「multiple drivers on a net」というエラー メッセージが表示されます。また、自動的に生成された MPD ファイルで問題を究明するのは困難です。

次に MPD ファイルからの引用を示します。

PORT PciSlave_DBus = M_DBus, DIR = O, VEC = [0:31], BUS = MSOPB

および

PORT PCI_DBus = M_DBus, DIR = O, VEC = [0:31], BUS = MSOPB

1 行目は、本来ならば次のようになります。
PORT PciSlave_DBus = Sl_DBus, DIR = O, VEC = [0:31], BUS = MSOPB

ソリューション

この問題は、最新版の 6.2 EDK サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/ise/embedded/edk.htm
この修正は、6.2 EDK サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 18756
日付 04/09/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加