UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18808

6.1/3.2 EDK - プログラムに unsigned short または char が 1 つだけ使用されると、メモリが正しく初期化されない

説明

キーワード : EDK, XPS, GNU, variable, BSS, char, short, 変数

重要度 : 標準

概要 :
XPS でコンパイルされる次のようなプログラムは、正しく動作しません。 BSS セクションを初期化する CRT が原因で、変数が正しく初期化されません。 PPC カウンタに 0 がロードされてから、0xFFFFFFFF にデクリメントされ、初期化に終わりがない状態になります。 この状態はハードウェアの GDB で発生します。 これは、GDB が main 内でブレークポイント セットに達せず、CRT から抜け出せないためです。

unsigned short i;
void main()
{
while (1);
}

ソリューション

変数 i をコード内で初期化するようにすると、この問題は回避できます。

unsigned short i = 0;
AR# 18808
日付 04/28/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加