UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18927

LogiCORE SPI-4.2 (POS-PHY L4) v6.1 - SPI-4.2 コアをインプリメントすると NGDBuild で警告および情報メッセージが複数表示される

説明

資料:

SPI-4.2 デザインをインプリメントすると、NGDBuild で複数の警告/情報メッセージが表示されます。

ソリューション

ダイナミック アライメント

SPI-4.2 コアをダイナミック アライメント モードで使用すると、次のような警告メッセージが NGDBuild レポート(design_name.bld) で表示される場合があります。このメッセージは複数表示されることがあります。

1. "WARNING:XdmHelpers:793 - The TNM "RDClk_P" drives the CLKIN pin of DCM "pl4_snk_top0/pl4_snk_clk0/DynamicAlignV2.rdclk_dcm0". This TNM cannot be traced through the DCM because it is not used in exactly one PERIOD specification. This TNM is used in the following user groups and/or specifications:

TS_RDClk_P=PERIOD RDClk_P 472.000000 MHz HIGH 50.000000%

TS_RD_IO=FROM RDClk_P TO RDClkDiv_Except_RAM TS_RDClk_P*1.000000

2. "WARNING:NgdBuild:483 - Attribute "TIG" on "del" is on the wrong type of object. Please see the Constraints Guide for more information on this attribute."

3. "WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'pl4_src_top0/SrcStatCh(0)' has no load."

4. "WARNING:NgdBuild:483 - Attribute "ROUTE" on "done1" is on the wrong type of

object. Please see the Constraints Guide for more information on this

attribute."

5. "WARNING:NgdBuild:483 - Attribute "RLOC" on

"pl4_snk_top0/pl4_snk_io0/DynamicAlign.pbd/dc/lk.15.ld/q_1" is on the wrong

type of object. Please see the Constraints Guide for more information on

this attribute."

6. "WARNING:NgdBuild:483 - Attribute "BEL" on

"pl4_snk_top0/pl4_snk_io0/DynamicAlign.pbd/dc/lk.15.ld/rk.2.q_1" is on the

wrong type of object. Please see the Constraints Guide for more information

on this attribute."

警告メッセージ 1 および 2 は検証中に表示され、無視しても問題がありません。

警告メッセージ 3 は、SPI-4.2 出力の多くがループバック デザイン サンプルで使用されていないために表示されます。これらの警告は無視しても問題はありません。警告メッセージ 4、5、6 は、ダイナミック アライメント モジュールの「ROUTE」、「RLOC」および「BEL」制約に関連したものですが、無視しても問題はありません。これらの警告は、モジュールのガイド配線およびフロアプランニングが原因で発生します。

スタティック アライメント

SPI-4.2 コアをスタティックアライメント モードで使用すると、次のような警告メッセージが NGDBuild レポート(design_name.bld) で表示される場合があります。このメッセージは複数表示されることがあります。

1. "WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'PhaseAlignRequest_IBUF' has no load"

2. "WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'SnkDPAModeSel_IBUF' has no load"

3. "WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'pl4_src_top0/SrcStatCh(0)' has no load."

4. "WARNING:Timing:2796 - The input clock pl4_snk_top0/pl4_snk_clk0/rdclk_int to DCM pl4_snk_top0/pl4_snk_clk0/LowFreq.StaticAlign_StaticAlign.rdclk_dcm0 has a period (frequency) specification of 2849 ps (351.00 Mhz). This violates the minimum period (maximum frequency) of 3124 ps (320.10 Mhz)."

- スタティック アライメント モードで使用されている PhaseAlignRequest 信号が原因で警告メッセージ 1 が表示されます。

- 警告メッセージ 2 および 3 は、ループバック デザイン サンプルで使用されていない信号があるため発生します。これらの警告は無視しても問題はありません。

- 警告メッセージ 4 は、ISE 6.2i および 6.1i の既知の問題に関連しています。この問題は今後のバージョンで修正される予定です。この警告メッセージは無視しても問題ありません。

NGDBuild からの情報メッセージ

NGDBuild から次のような情報メッセージが表示される場合があります。これらのメッセージは複数表示されることがあります。これらのメッセージはデザイン エラーではないので、無視しても問題がありせん。

INFO:NgdBuild:738 - A case sensitive search for the INST, PAD, or NET element

referred to by a constraint entry in 'top_wrapper.ucf' that accompanies this

design has failed, while a case insensitive search is in progress. The result

of the case insensitive search will be used, but messages will accompany each

and every use of a case insensitive result. Constraints are case sensitive

with respect to user-specified identifiers, which includes names of logic

elements in a design.

INFO:NgdBuild:739 - Line 297 in 'top_wrapper.ucf': Found case insensitive match

for INST name 'DCMbypassed.tdclk_dcm0'. INST is

'pl4_src_top0/pl4_src_clk0/DCMBypassed.tdclk_dcm0'.

INFO:NgdBuild:757 - Line 344 in 'top_wrapper.ucf': The constraint for NET

'pl4_src_top0/TSClk_GP' is being attached to the equivalent NET 'TSClk_GP_i'.

INFO:NgdBuild:757 - Line 72 in 'pl4_snk_top.ncf': The constraint for NET

'pl4_snk_reset0/snk_clk_rst_n' is being attached to the equivalent NET

'snk_clk_rst_n'.

INFO:XdmHelpers:851 - TNM "SysClk_P_east", used in period specification

"TS_SysClk_P_east", was traced into DCM instance "pl4_src_clk1_tdclk_dcm0".

The following new TNM groups and period specifications were generated at the

DCM output(s):

CLK0: TS_pl4_src_clk1_SrcClk_dcmo=PERIOD pl4_src_clk1_SrcClk_dcmo TS_SysClk_P_east/2.000000 HIGH 50.000000%

AR# 18927
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加