AR# 18930

|

LogiCORE Digital Down Converter (DDC) v1.0 - DDC コアの Virtex-4 または Spartan-3/3E でのサポート

説明

キーワード : Virtex-II/-II Pro, CORE Generator, CORE, NCO, mixer, sine, cosine, Virtex-4, Spartan-3, Spartan-3E, ミキサ, サイン, コサイン

CORE Generator では、Digital Down Converter (DDC) v1.0 が Virtex-4 または Spartan-3/3E でサポートされていないようです。これらのアーキテクチャでサポートされるのはいつですか。また、Virtex-II Pro 用に生成された DDC を Virtex-4 または Spartan-3/3E で使用できますか。

ソリューション

Virtex-II/Virtex-II Pro および Virtex-4/Spartan-3/3E FPGA は類似していますが、Virtex-4/Spartan-3/3E と Virtex-II/Virtex-II Pro の基本的な違いは、Virtex-4/Spartan-3/3E の CLB には通常のスライス (SliceM) が 2 つと SRL16E/RAM16x1 ではないスライス (SliceL) が 2 つあることです。RPM (相対配置マクロ) が使用されていなければ、Virtex-II Pro のコアを Virtex-4 または Spartan-3/3E に使用しても、これらの違いによる影響はありません。

Virtex-4 または Spartan-3/3E でこのコアを使用するには、次の手順に従います。。

1. ISE プロジェクトのデバイスを Virtex-II Pro に変更します。
2. ISE プロジェクトで [Project] -> [New Source] をクリックし、CORE Generator IP を選択します。
3. CORE Generator を実行して、 DDC コアを生成します。
4. ISE プロジェクトのデバイスを Virtex-4 または Spartan-3/3E に戻します。
5. コアを最上位ソースにインスタンシエートします。
6. パラメータを指定し直す場合は、手順 1 ~ 4 を繰り返します。
7. デザインをインプリメントする前に、RPM がオフになっていることを確認してください。

メモ : Virtex-4 または Spartan-3/3E で DDC コアをインプリメントした場合のエリアおよびスピード パフォーマンスは、Virtex-II Pro の場合と異なります。

System Generator v3.1 以降のバージョンには、Virtex-4 または Spartan-3/3E の DDC リファレンス デザインがあります。MATLAB コマンド プロンプトで「demos」と入力し、「Digital down converter for GSM」を選択してください。
AR# 18930
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed