UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19126

6.1 EDK mb-gcc - C と ASM の両方のデバッグ情報を使用して ELF ファイルを生成する方法

説明

キーワード : gcc, -g, -gstabs

重要度 : 標準

概要 :
EDK 6.1 では、C コードのコンパイル、アセンブル、余分のアセンブリ コードとのリンク、両方のコードの GDB でのデバッグが 1 つの GCC コマンドでできません。 -g オプションを C コードのデバッグに、-gstabs コードをアセンブラ リストに使用すると、GDB がクラッシュします。

ソリューション

この問題を回避するには、アセンブリ コードのアセンブリとは別に C コードをコンパイルおよびアセンブルします。その後、これら 2 つのオブジェクトをリンカに渡します。 この方法を使用すると、-g および -gstabs オプションは C および ASM コードに正しく設定されます。

アセンブリ コード foo.s ファイルと C main.c ファイルを使用した次のコマンド例では、目的の結果が得られます。

mb-gcc -c -g main.c
mb-gcc -c -Wall -Wa,-gstabs foo.s
mb-gcc main.o foo.o -o test.elf
mb-gdb test.elf

この問題は、今後修正される予定です。
AR# 19126
日付 04/28/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加