UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19141

7.1i FPGA Editor - プローブを実行する場合に「Could not route probe..." and warning 561, "Can't find compatible IO standard...」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : FPGA, Editor, 6.1i, 6.2i, probe, Virtex-II Pro, IO standard, プローブ, I/O 規格

重要度 : 標準

概要 :
自動でプローブを追加する場合、FPGA Editor でエラーが発生し、次のような警告メッセージが表示されます。


"#WARNING:FPGAEditor:561 - Can't find any compatible IO standard at site "AE5".
# Route failed for AE5
#ERROR:FPGAEditor:178 - Could not route the probe for net "ipcam_intf1/write_lwen[0]"."

ソリューション

これは、FPGA Editor 7.1i のバグです。 7.1i サービス パック 3 で修正される予定です。 当面の間は、手動でプローブ ポイントを作成し、問題を回避してください。

1. プローブを行う IOB を選択し、[add] ボタンをクリックして追加します。
2. IOB ブロックを開き、IOB を O1 ピンからパッドまで接続します。
3. [Array] ウィンドウでネットおよび IOB ピン O1 を選択し、[add] ボタンをクリックしてネットを IOB ピン O1 に自動配線します。
AR# 19141
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加