UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19184

6.2i XST - VHDL (LSB<=>MSB) の場合、XST が制約のない配列のビットをスワップする

説明

キーワード : XST, VHDL, MSB, LSB, swap, unconstrained, vector, array, range, downto, to, 制約なし, スワップ, ベクタ, アレイ, 配列, 範囲.

重要度 : 標準

概要 :
割り当てが行われたとき、XST は、制約のない配列のビットをスワップする場合があります。 VHDL の場合、接続されている信号から上限/下限を得ることができる配列は、制約がなくても問題ありません。 制約のないアレイとは、上限/下限がない信号のことです。

signal register_out : std_logic_vector ; -- つまり (15 downto 0) のような範囲指定がない信号

ソリューション

必要な場合は、配列に制限を与えて、エラーと思われるポイントを検証してください。

この問題は、最新版の 6.2i サービス パックで修正されています。このサービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、6.2i サービス パック 2 以降に含まれます。
AR# 19184
日付 07/18/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加