UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19198

LogiCORE PLB Gigabit Ethernet MAC (PLB GEMAC) v1.01a - EDK 6.2i SP1 のリリース ノート

説明

キーワード : PLB, GMAC, GEMAC, Gigabit, Ethernet, MAC, release, notes, EDK, SP1, Service Pack 1, ギガビット, イーサネット, リリース, ノート, サービス パック 1

重要度 : 標準

概要 :
このアンサーでは、EDK 6.2i サービス パック 1 の PLB Gigabit Ethernet MAC (PLB GEMAC) コアの改善点について記述しています。

ソリューション

EDK 6.2i サービス パック 1 では、PLB GEMAC の新規バージョンが含まれています。 新しいバージョンは plb_gemac_v1_01_a です。EDK 6.2i SP1 の詳細については、http://support.xilinx.co.jp/ise/embedded/edk_download.htm を参照してください。


次は、EDK 6.2i SP1 の PLB GEMAC コア v1.01a で修正および改善された点です。

- DRE (Data Re-alignment Engine) を IPIF に新しく追加。 これにより、VxWorks アダプタ (Level 2 ドライバ) でバッファのコピーをする必要がなくなりました。 このため、SG DMA と大規模パケットを使用すると CPU 使用率は減少し、パフォーマンスは大きく向上します。

- GMII および TBI インターフェイス レジスタとクロック管理回路の追加

- 未使用の Freeze 入力ポートを削除

- RX Packet FIFO と TX Packet FIFO の深さを別々に分けるために最上位レベルのパラメータを変更

- RX Length Register FIFO のオーバーフローを回避し、RX Packet FIFO でオーバーフロー検出をできるようにデザインを変更。 この変更により、次のように改善されます。

* データ破損が発生しくなる
* 受信パフォーマンスが大きく向上する
* 時々起こっていた RX CRC Error Interrupt のエラーがなくなる
* RX Jumbo Frames がディスエーブルのときに最大長を超える受信フレームを検出する RX Max Length Error Interrupt が使用できる

- データシートは、次のようにアップデートされます。

* デザインのデータ フォーマットへのリファレンスを「VHDL」から「NGC ネットリスト、VHDL ラッパ」に変更
* デフォルト設定が MPD ファイルと一致する
* 制約、リソース、パフォーマンス情報を追加
* TX Pad Enable/Disable 機能へのリファレンスを削除
* 既に機能している Receive Error Override へのリファレンスを追加
* C_MAC_FIFO_DEPTH パラメータへのリファレンスを追加
* 単一の IPIF FIFO の深さパラメータを RX 用と TX 用パラメータに分割
* Freeze のリファレンスを削除
AR# 19198
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加