UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19335

6.2 EDK IP ウィザード - バージョン ID を使用しないと、シミュレータで IP ウィザード テンプレートをコンパイルする際にエラーが発生する

説明

キーワード : XPS, import, simulation, MTI, NCSim, binding, entity, library, インポート, シミュレーション, バインド, エンティティ, ライブラリ

重要度 : 標準

概要 :
最上位モデル名がロジック ライブラリ名と同じ場合、シミュレータ (ModelSim/NCSim) でコンパイラ エラーが発生します。 たとえば、最上位モジュール opb_foo をロジック ライブラリ opb_foo に挿入しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Same name for Library and Entity not allowed in Binding Indication"

ModelSim でエンティティ識別子を展開できないというメッセージが表示されます。

ソリューション

1

IP ウィザードのこの問題を回避するには、GUI でバージョン ID を指定してください。 ID を指定すると、ロジック ライブラリは最上位のモジュールと異なる名前になります。

2

この問題は、最新版の 6.2 EDK サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/ise/embedded/edk.htm
この修正は、6.2 EDK サービス パック 2 以降に含まれます.
AR# 19335
日付 04/09/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加