UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19401

8.2 EDK - STDOUT を XMD コンソールに出力する方法について

説明

キーワード : STDIO, XPS

STDOUT を XMD コンソールに出力する方法を示します。

メモ : このソリューションは、PPC および MB (MicroBlaze) プロセッサの両方に適用されます。

ソリューション

EDK 6.2 サービス パック 1 以降では、次を実行してください。

1. MHS ファイルで、次のように opb_mdm (jtag_uart を含む) をインスタンシエートします。

BEGIN opb_mdm
PARAMETER INSTANCE = opb_mdm_0
PARAMETER HW_VER = 2.00.a
PARAMETER C_BASEADDR = 0xFFFE0400
PARAMETER C_HIGHADDR = 0xFFFE04FF
PARAMETER C_MB_DBG_PORTS = 0
PARAMETER C_USE_UART = 1
PARAMETER C_UART_WIDTH = 8
BUS_INTERFACE SOPB = opb
PORT OPB_Clk = sys_clk_s
END

2. XPS で、[Project] -> [Software Platform Settings] をクリックし、opb_mdm ペリフェラルのドライバが uarlite であることを確認します。

3. XPS で、[Project] -> [Software Platform Settings] をクリックし、[Library/OS parameters] タブで、STDOUT に使用するペリフェラルとして opb_mdm ペリフェラル インスタンスを選択します。

4. 次のように、XMD から MDM の UART に接続します。

XMD% mbconnect mdm # or xconnect mdm
.....
JTAG chain configuration
--------------------------------------------------
Device ID Code IR Length Part Name
1 05046093 8 XCF04S
2 05046093 8 XCF04S
3 0124a093 10 XC2VP7
Assuming, Device No: 3 contains the MicroBlaze system
Connected to the JTAG Microprocessor Debug Module (MDM)
No of processors = 0
XMD% read_uart

# JTAG を介して MDM UART の読み込みを停止する場合
XMD% read_uart stop

# MDM UART の内容をログ ファイルへ出力する場合
XMD% set uartf [open jtag_uart.log w]
XMD% read_uart start $uartf


メモ : EDK 9.1i
上記の手順は 9.1i ではうまくいきません。terminal コマンドを使用してください。詳細は、『エンベデッド システム ツール リファレンス マニュアル』の「Xilinx Microprocessor Debugger (XMD)」の章を参照してください。
AR# 19401
日付 02/28/2008
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加