UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19428

OPB/PLB EMC Flash コントローラ - Flash ドライバの関数呼び出し XFlashIntel_Initialize() が XST_FLASH_NOT_SUPPORTED を返す

説明

キーワード : Flash, EMC, driver, EDK, initialize, NUM_PARTS, PART_WIDTH, PART_MODE, ドライバ, 初期化

重要度 : 標準

概要 :
OPB または PLB EMC コントローラに Flash ドライバを使用すると、XFlashIntel_Initialize() 関数呼び出しが XST_FLASH_NOT_SUPPORTED を返し、ドライバを続行できません。 xparameters.h ファイルでは、次の属性が 0 に設定されています。

#define XPAR_PLB_EMC_0_NUM_PARTS 0
#define XPAR_PLB_EMC_0_PART_WIDTH 0
#define XPAR_PLB_EMC_0_PART_MODE 0

どのように修正すればよいのですか。

ソリューション

これらの属性が正しく設定されていないため、ドライバの呼び出しでエラーが発生します。 ただし、ソフトウェア コードで変更できます。 XFlash_LookupConfig() 関数を使用してポインタをコンフィギュレーション テーブル ポインタに返し、XFlash_Initialize() を呼び出す前に、適切なパーツ、ビット幅、およびモードで値を変更してください。

詳細については、xflash_g.c ドライバ ファイルを参照してください。
AR# 19428
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加