UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19435

6.2i iMPACT - [Automatic Checksum Insertion] を有効にして xc1800 PROM をプログラムすると、「ERROR:iMPACT:583」 のようなエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : iMPACT, automatic, UMC, error, BSDL, match, idcode, 1578, info, 1579, 自動, エラー, 一致

重要度 : 標準

概要 :
[Automatic Checksum Insertion] を有効にして、xc1800 PROM をプログラムすると、iMPACT で次のエラー メッセージが表示されます。

"'1': Setting usercode...
done.
ERROR:iMPACT:583 - '1': The idcode read from the device does not match the idcode in the bsdl File.
INFO:iMPACT:1578 - '1': Device IDCODE : 00001111111111101111111111111111
INFO:iMPACT:1579 - '1': Expected IDCODE: 00000101000000100100000010010011
'1': Setting user-programmable bits...
done.
'1': Putting device in ISP mode...
done."

ユーザー コードをプログラムした場合、または [Automatic Checksum Insertion] 無効にした場合、このエラーは発生しません。

ソリューション

この問題は、最新版の 6.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、6.2i サービス パック 3 以降に含まれます。

AR# 19435
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加