UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19559

6.2.2 EDK - isbram_if_cntlr v1.00a が旧バージョンとなっている

説明

キーワード : isbram, obsolete, EDK, 1.00.a, 6.2, SP2, 旧バージョン

重要度 : 標準

概要 :
Instruction-Side On-Chip Memory BRAM Interface Controller バージョン 1.00a は、新しいバージョンの isbram_if_cntlr および isocm_v10 に置き換えられています。 このアンサーが記述された時点では、isbram_if_cntlr バージョン 3.00a および isocm_v10 バージョン 2.00a に置き換えられています。

主な変更は、トランスペアレント バス内部 v1.00a を別の ISOCM バス コアに置き換えたことです。 IP_TYPE は既に修正され、デフォルトのドライバが選択されます。

バージョン 1.00a は、PPC405 ラッパ コアのバージョン 2.00a とは互換性がありません。

ソリューション

旧バージョンの IP の保存方法については、(Xilinx Answer Record 19531) を参照してください。

isbram_if_cntlr を最新バージョンにアップデートする手順は次のとおりです。

1. isbram_if_cntlr バージョン 1.00 をバージョン 3.00 に差し替えます。

2. isocm_v10 バージョン 2.00a を追加し、isbram_if_cntlr と PPC に接続します。

3. C_ISCNTLVALUE パラメータを isocm_v10 に移動します。

4. C_TIEISOCMDCRADDR を isocm_v10 に移動し、C_ISARCVALUE という名前に変更します。

パラメータ

デフォルトの ISCNTL レジスタから PPC に提供される C_ISCNTLVALUE は、isocm_v10 コアに移動されています。 上位 8 ビットの ISOCM DCR アドレス空間を指定した C_TIEISOCMDCRADDR は、isocm_v10 コアに移動され、C_ISARCVALUE という名前に変更されています。

isbram_if_cntlr バージョン 3.00a により、新しいパラメータが 2 つ追加されます。 C_BRAM_EN により、スタティック電力を使用して BRAM が低レイテンシでオンの状態に維持されます。 C_RANGECHECK は、マルチスレーブの命令側 OCM バスで指定する必要があります。

ポート

ほとんどの場合、ポートはバスで処理されているため、変更されたポートを手動で移動する必要がありません。

バスでない信号の ISBRAMCLK および ISBRAMRST は、バス信号の BRAMISOCMCLK および ISBRAMRST に置き換えられています。

ISARCVALUE および ISCNTLVALUE ポートは、isocm_v10 バスに移動しています。 TIEISOCMDCRADDR ポートは既にありません。

ISBRAMISOCMCLK および BRAMISOCMRDDBUS ポートは、S_BRAMISOCMRDDBUS、S_BRAMISOCMDCRRDDBUS、S_ISOCMSLAVESELECT、および S_ISOCMDCRSLAVESELECT ポートに置き換えられています。
AR# 19559
日付 04/10/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加