UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19576

ChipScope Pro - ChipScope Pro Analyzer で予測されない結果が得られる

説明




ChipScope Pro Analyzer を使用すると、予測されない結果が得られます。波形が間違っています (外部ロジック アナライザーと異なるなど)。これはなぜですか。

ソリューション


この問題が発生する原因は主に 2 つあります。



1. タイミング制約が満たされていない

ChipScope をデザインに挿入すると、最小クロック周期が増加します。配置配線後、Timing Analyzer を使用して、タイミング要件が満たされていることを確認してください。デザインにタイミング制約が適用されていないパスがないかどうかも確認してください。ChipScope Analyzer を使用しようとすると、タイミング要件が満たされていなくても、予測されない結果が得られます。



2. ChipScope をデザインに挿入するときに、[Disable JTAG clock BUFG insertion] がオンになっていた

この設定も TCK (JTAG クロック) のタイミングに影響し、不正な波形が生成されることがあります。 使用するリソース数が増えることになっても (BUFG があと 1 つ必要)、[Disable JTAG clock BUFG insertion] をオフにすることをお勧めします。

** これは、10.1 以前のデザインに適用されます。11.1 以降では、BUFG の挿入は自動化されています。
AR# 19576
日付 01/02/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ChipScope Pro - 11.3
  • ChipScope Pro - 11.4
  • ChipScope Pro - 11.5
  • More
  • ChipScope Pro - 10.1
  • ChipScope Pro - 10.1 sp1
  • ChipScope Pro - 10.1 sp2
  • ChipScope Pro - 10.1 sp3
  • ChipScope Pro - 11.1
  • ChipScope Pro - 11.2
  • ChipScope Pro - 12.1
  • ChipScope Pro - 12.2
  • ChipScope Pro - 12.3
  • ChipScope Pro - 12.4
  • ChipScope Pro - 13
  • ChipScope Pro - 13.1
  • ChipScope Pro - 8.1i
  • ChipScope Pro - 8.1i sp1
  • ChipScope Pro - 8.1i sp2
  • ChipScope Pro - 8.1i sp3
  • ChipScope Pro - 8.2i
  • ChipScope Pro - 8.2i sp1
  • ChipScope Pro - 8.2i sp2
  • ChipScope Pro - 8.2i sp3
  • ChipScope Pro - 9.1i
  • ChipScope Pro - 9.1i sp1
  • ChipScope Pro - 9.1i sp2
  • ChipScope Pro - 9.1i sp3
  • ChipScope Pro - 9.2i
  • ChipScope Pro - 9.2i sp1
  • ChipScope Pro - 9.2i sp2
  • ChipScope Pro - 9.2i sp3
  • ChipScope Pro - 9.2i sp4
  • ChipScope Pro - Legacy
  • Less
このページをブックマークに追加