UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19635

Platform Cable USB- ケーブル用のコンフィギュレーション周波数について

説明

キーボード : download, speed, tck, cclk, iMPACT, error, 1210, JTAG, プラット ホーム, ケーブル, 周波数, ダウンロード, コンフィギュレーション, スピード, エラー

最速の 24MHz でケーブルを使用したいのですが、高周波数で使用した場合に、iMPACT でエラーが発生します。 現在使用中のデバイスが、高周波数で動作しません。 理由を教えてください。

ソリューション

TCK の最大周波数は、デバイスによって異なります。 すべてのデバイスが 24 MHz の TCK 周波数に対応しているわけではありません。 最大 TCK 周波数は、デバイスの BSDL ファイルの次の箇所を見て、確認できます。

Spartan デバイスの BSDL ファイル :
attribute TAP_SCAN_CLOCK of TCK : signal is (2.0e6, LOW);

Virtex-II Pro デバイスの BSDL ファイル :
attribute TAP_SCAN_CLOCK of TCK : signal is (33.0e6, BOTH).

Spartan デバイスの最大 TCK 周波数は 2 MHz で、Virtex-II Pro の場合は 33 MHz です。

プラットフォーム ケーブル USB の周波数が BSDL ファイルにレポートされている最大 TCK 周波数よりも高い場合、すべての JTAG 操作をデバイスで実行することは可能です。実行できない場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"ERROR:iMPACT:1210 - '1':Boundary-scan chain test failed at bit position '1'."

この問題は、周波数を低速に修正することで回避できます。
AR# 19635
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加