UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19635

プラットフォーム ケーブル USB - 使用ケーブルにベストなコンフィギュレーション周波数

説明

使用しているケーブルに 24 MHz という最大値を選択したいのですが、高い周波数だと iMPACT でエラーが発生します。 

使用しているすべてのデバイスが高い周波数で動作しません。この理由を教えてください。

ソリューション

最大 TCK 周波数はザイリンクス ファミリによって異なります。すべてのデバイスで 24 MHz の TCK 周波数がサポートされているわけではありません。 

使用しているデバイスの BSDL ファイルを確認すると、最大 TCK 周波数を特定できます。次はその例です。

Spartan デバイスの BSDL ファイル:

attribute TAP_SCAN_CLOCK of TCK : signal is (2.0e6, LOW);

Virtex-II Pro デバイスの BSDL ファイル:

attribute TAP_SCAN_CLOCK of TCK : signal is (33.0e6, BOTH).

Spartan デバイスの最大 TCK 周波数は 2 MHz で (保守的な値です)、Virtex-II Pro の周波数は 33 MHz です。

プラットフォームケーブル USB 周波数が、BSDL ファイルでレポートされている最大 TCK 周波数よりも高い場合、デバイスはすべての JTAG 操作を実行できる可能性がありますが、高くない場合は、次のような一般的なエラー メッセージが表示されます。

"ERROR:iMPACT:1210 - '1':Boundary-scan chain test failed at bit position '1'."

ケーブル周波数を下げると、この問題は解決するはずです。

AR# 19635
日付 01/30/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加