UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19715

Synplify 7.3 - MAP で I/O FF が IOB にパックされない

説明

キーワード : Synplify, pack, IOB, register, FF, MAP, パック, レジスタ, フリップフロップ, マップ

重要度 : 標準

概要 :
Synplify を使用して HDL コードを合成する際に MAP で [Pack I/O Registers/Latches into IOBs] をオンにすると、MAP レポートにレジスタ 8 個が IOB にパックされたことが記述されます。 XST で合成をすると、同じオプションを設定しても 40 個のレジスタが IOB にパックされたと記述されます。 ネットリストが Synplify から出力された場合に MAP で同じ数のフリップフロップが IOB にパックされないのはなぜですか。

ソリューション

Synplify では I/O FF のプロパティをデフォルトで設定します (property IOB (string "FALSE"))。 これにより、MAP で設定した値が上書きされ、IO レジスタが IOB にパックされます。

ネットリストで (property IOB (string "TRUE")) を設定するには、HDL コードで syn_useioff 属性を設定します。 この属性の使用方法については、Synplify のユーザー ガイドを参照してください。
AR# 19715
日付 03/14/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加