UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19754

6.3i/6.2i - EDK で JTAGPPC_CNTLR を v1.00.a から 2.00.a にアップデートする方法

説明

キーワード : PPC, PowerPC, 405, JTAG, JTAGPPC

重要度 : 標準

概要 :
EDK 6.3i で、jtagppc_cntlr のバージョン 2.00a がリリースされました。 このバージョンでは、PPC を 1 つまたは 2 つ含むデバイスで JTAC スキャンの接続を簡略化しています。 ただし、このバージョンはこれ以前のバージョン (v1.00a、v1.00b) と互換性がありません。 v1.00a からアップグレードするには、次のガイドラインに従ってください。 このガイドラインでは PPC405 ラッパを使用していますが、PPC405_VIRTEX4 ラッパも同様に使用できます (「BEGIN ppc405」を「BEGIN ppc405_virtex4」に置換するのみ)。

ソリューション

1

プロセッサを 1 つ含むデバイス (XC2VP4、XC2VP7、XC2VPX20、XC4VFX12、XC4VFX20) を使用する場合は、MHS ファイルを次のように変更してください。

* PowerPC インスタンスのコネクタ名は、次のようであるとします。

BEGIN ppc405
PARAMETER INSTANCE = ppc405_0
...
PORT JTGC405TCK = JTGC405TCK
PORT JTGC405TDI = JTGC405TDI
PORT JTGC405TMS = JTGC405TMS
PORT JTGC405TRSTNEG = JTGC405TRSTNEG
PORT C405JTGTDO = C405JTGTDO
PORT C405JTGTDOEN = C405JTGTDOEN
PORT DBGC405DEBUGHALT = DBGC405DEBUGHALT
...
END

* この場合、JTAGPPC_CNTLR v1.00a インスタンスは次のようになります。
メモ : 一部のポートが net_gnd または net_vcc に接続されていることがあります。
これらのポートは通常のネット名として扱い、新しいコントローラの該当する入力に接続してください。

BEGIN jtagppc_cntlr
PARAMETER INSTANCE = jtagppc_0
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
PORT DBGC405DEBUGHALT = DBGC405DEBUGHALT
PORT JTGC405TRSTNEG = JTGC405TRSTNEG
PORT JTGC405TCK = JTGC405TCK
PORT JTGC405TDI = JTGC405TDI
PORT JTGC405TMS = JTGC405TMS
PORT C405JTGTDO = C405JTGTDO
PORT C405JTGTDOEN = C405JTGTDOEN
PORT HALTNEG = EXT_HALTNEG
PORT TRSTNEG = EXT_TRSTNEG
END


* 次のテンプレートを使用して、古いインスタンスを新しいものに置き換えます。 入力信号 RSTC405RESETSYS が削除されていることに注意してください。

BEGIN jtagppc_cntlr
PARAMETER INSTANCE = jtagppc_0
PARAMETER HW_VER = 2.00.a
PORT TRSTNEG = EXT_TRSTNEG
PORT HALTNEG0 = EXT_HALTNEG
PORT DBGC405DEBUGHALT0 = DBGC405DEBUGHALT
PORT C405JTGTDO0 = C405JTGTDO
PORT C405JTGTDOEN0 = C405JTGTDOEN
PORT JTGC405TCK0 = JTGC405TCK
PORT JTGC405TDI0 = JTGC405TDI
PORT JTGC405TMS0 = JTGC405TMS
PORT JTGC405TRSTNEG0 = JTGC405TRSTNEG
END

* PowerPC プロセッサが 1 つのみのデバイスでは、新しい JTAGPPC_CNTLR の残りのポートはすべて未接続のままにしてください。 これでコントローラがアップデートされました。

メモ : JTAGPPC ポート C405JTGTDOEN0 および PPC405 ポート C405JTGTDOEN は必要なくなりました。 これらを残した場合、インプリメンテーション ツールで接続信号が問題なく削除されます。

2

プロセッサを 2 つ含むデバイス (XC2VP20、XC2VP30、XC2VP40、XC2VP50、XC2VP70、XC2VPX70、XC2VP100、XC4VFX40、XC4VFX60、XC4VFX100、XC4VFX140) を使用する場合は、MHS ファイルを次のように変更してください。

* PowerPC インスタンスのコネクタ名は、次のようであるとします。

BEGIN ppc405
PARAMETER INSTANCE = ppc405_0
...
PORT JTGC405TCK = JTGC405TCK_0
PORT JTGC405TDI = JTGC405TDI_0
PORT JTGC405TMS = JTGC405TMS_0
PORT JTGC405TRSTNEG = JTGC405TRSTNEG
PORT C405JTGTDO = C405JTGTDO_0
PORT C405JTGTDOEN = C405JTGTDOEN_0
PORT DBGC405DEBUGHALT = DBGC405DEBUGHALT
...
END

BEGIN ppc405
PARAMETER INSTANCE = ppc405_1
...
PORT JTGC405TCK = JTGC405TCK_1
PORT JTGC405TDI = JTGC405TDI_1
PORT JTGC405TMS = JTGC405TMS_1
PORT JTGC405TRSTNEG = JTGC405TRSTNEG
PORT C405JTGTDO = C405JTGTDO_1
PORT C405JTGTDOEN = C405JTGTDOEN_1
PORT DBGC405DEBUGHALT = DBGC405DEBUGHALT
...
END

* この場合、JTAGPPC_CNTLR v1.00a インスタンスは次のようになります。
メモ : 一部のポートが net_gnd または net_vcc に接続されていることがあります。
これらのポートは通常のネット名として扱い、新しいコントローラの該当する入力に接続してください。

BEGIN jtagppc_cntlr
PARAMETER INSTANCE = jtagppc_0
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
PORT DBGC405DEBUGHALT = DBGC405DEBUGHALT
PORT JTGC405TRSTNEG = JTGC405TRSTNEG
PORT JTGC405TCK = JTGC405TCK_0
PORT JTGC405TDI_1 = JTGC405TDI_0
PORT JTGC405TMS = JTGC405TMS_0
PORT C405JTGTDO = C405JTGTDO_1
PORT C405JTGTDOEN = C405JTGTDOEN_0
PORT HALTNEG = EXT_HALTNEG
PORT TRSTNEG = EXT_TRSTNEG
END

* 次のテンプレートを使用して、古いインスタンスを新しいインスタンスに置き換えます。 入力信号 RSTC405RESETSYS が削除されていることに注意してください。

BEGIN jtagppc_cntlr
PARAMETER INSTANCE = jtagppc_0
PARAMETER HW_VER = 2.00.a
PORT TRSTNEG = EXT_TRSTNEG
PORT HALTNEG0 = EXT_HALTNEG
PORT DBGC405DEBUGHALT0 = DBGC405DEBUGHALT
PORT C405JTGTDO0 = C405JTGTDO_0
PORT C405JTGTDOEN0 = C405JTGTDOEN_0
PORT JTGC405TCK0 = JTGC405TCK_0
PORT JTGC405TDI0 = JTGC405TDI_0
PORT JTGC405TMS0 = JTGC405TMS_0
PORT JTGC405TRSTNEG0 = JTGC405TRSTNEG
PORT C405JTGTDO1 = C405JTGTDO_1
PORT C405JTGTDOEN1 = C405JTGTDOEN_1
PORT JTGC405TCK1 = JTGC405TCK_1
PORT JTGC405TDI1 = JTGC405TDI_1
PORT JTGC405TMS1 = JTGC405TMS_1
END

* これで、アップデートが完了しました。

メモ : JTAGPPC ポート C405JTGTDOEN0 および PPC405 ポート C405JTGTDOEN は必要なくなりました。 これらを残した場合、インプリメンテーション ツールで接続信号が問題なく削除されます。
AR# 19754
日付 04/10/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加