UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19798

6.3/6.2 EDK - PPC405 を v2.00a から v2.00c にアップグレードする方法

説明

キーワード : PPC405, EDK, IP, XPS, PowerPC, アップグレード

重要度 : 標準

概要 :
EDK で PPC405 を v2.00a から v2.00c にアップグレードする方法を示します。

ソリューション

PPC405 v2.00a は、EDK の重要なツールのサポートを有効にするため、v2.00c にアップグレードされました。 デザインで PPC405 v2.00a を使用している場合は、次の手順に従ってアップグレードすることをお勧めします。

旧バージョンを使用し続けることもできますが、 ザイリンクスでは今後のバージョンで PPC405 v2.00a のテストおよびサポートは行いません。 旧バージョンを使用し続ける方法については、(Xilinx Answer 19531) を参照してください。 バージョン v2.00a コアは、EDK 6.2.2 以前のインストールに含まれます。

アップグレードするには、MHS ファイルに次の変更を加えます。

1. デザインに JTAGPPC_CNLTR v1.00a または v1.00b が含まれる場合は、v2.00a にアップグレードする方法について (Xilinx Answer 19754) または (Xilinx Answer 19682) を参照してください。

2. 命令側またはデータ側の OCM インターフェイスを使用している場合は、これらのインターフェイスのアップグレード方法について (Xilinx Answer 19558) および (Xilinx Answer 19559) を参照してください。 C_TIEISOCMDCRADDR および C_TIEDSOCMDCRADDR パラメータの設定を必ず記録しておいてください。

3. PPC405 デザインが次のように記述されているとします。

BEGIN ppc405
PARAMETER INSTANCE = ppc405_0
PARAMETER HW_VER = 2.00.a
BUS_INTERFACE ISOCM = iocm
BUS_INTERFACE DSOCM = docm
...
PORT TIEC405DETERMINISTICMULT = net_xx1
PORT TIEC405DISOPERANDFWD = net_xx2
PORT TIEC405MMUEN = net_xx3
...
END

これを次のように変更します。

BEGIN ppc405
PARAMETER INSTANCE = ppc405_0
PARAMETER HW_VER = 2.00.c
PARAMETER C_DISABLE_OPERAND_FORWARDING = /x/ # 下のコメントを参照
PARAMETER C_DETERMINISTIC_MULT = 0 # 必ず 0 に設定
PARAMETER C_MMU_ENABLE = /y/ # 下のコメントを参照
PARAMETER C_ISOCM_DCR_ADDR = /isaddr/ # 下のコメントを参照
PARAMETER C_DSOCM_DCR_ADDR = /dsaddr/ # 下のコメントを参照
BUS_INTERFACE ISOCM = iocm
BUS_INTERFACE DSOCM = docm
...
END
* /x/ は (net_xx2 == net_vcc) の場合は 1、それ以外は 0。
* /y/ は (net_xx3 == net_vcc) の場合は 1、それ以外は 0。
* /isaddr/ は、isocm_bram_if_cntlr v1.00a の C_TIEISOCMDCRADDR パラメータの値。 これは 8 ビットの値ですが、下位に 2 ビット追加し、バイナリで指定する必要があります。 例 : C_TIEISOCMDCRADDR=0x06 の場合、C_ISOCM_DCR_ADDR = 0b0000011000 となります。
* /dsaddr/ は、dsocm_bram_if_cntlr v1.00a の C_TIEDSOCMDCRADDR パラメータの値。 これは 8 ビットの値ですが、下位に 2 ビット追加し、バイナリで指定する必要があります。 例 : C_TIEDSOCMDCRADDR=0x07 の場合、C_DSOCM_DCR_ADDR = 0b0000011100 となります。

4. 情報は C_TIE* パラメータで提供されるので、旧バージョンのインスタンスの TIE* ポートをすべて削除する必要があります。 MHS ファイルで上記のパラメータ/ポートまたはバス インターフェイスを明示的に指定していない場合は、変更は必要ありません。 MPD ファイルで使用されているデフォルトの割り当ては、変更されません。

5. これで、2.00a から 2.00c へのアップグレードが完了しました。
AR# 19798
日付 04/10/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加