UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19825

Spartan-3 - Spartan-3 ブロック RAM のタイミングを向上させる BitGen オプションについて (-g Ibram_wdel0:1)

説明

キーワード : Spartan-3, BitGen, block, RAM, timing, ブロック, タイミング

新しい BitGen オプションが追加されており、これを使用すると Spartan-3 ブロック RAM のタイミングが向上します。 ビットストリームを再生成する必要はありますか。

ソリューション

BitGen 設定ができるようなり、Spartan-3 ファミリのブロック RAM タイミングが向上しました。 ブロック RAM のタイミングはコンフィギュレーション ビットストリームの設定により制御されますが、ブロック RAM のタイミングを向上させる最適な設定が確認されました。 これらの設定はブロック RAM 制御ロジックに影響し、ブロック RAM の書き込み操作でのタイミング マージンが向上します。 以前のシリコンでは以前のブロック RAM タイミング仕様を満たす必要があるため、このブロック RAM のタイミングの向上は、既存のデザインには効果はありません。

2004 年 9 月 13 日以降に検査されるデバイスでは、新しい BitGen の設定を使用するため、 保証されたブロック RAM タイミング仕様を満たすには、これらの新しい設定を使用する必要があります。 最新シリコンを使用する場合には、最新ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ISE 6.3i サービス パック 1 から、BitGen でこれらの設定が自動的に生成されます。 6.3.01i より以前のバージョンの ISE を使用している場合は、ビットストリームを生成する際に、手動で BitGen のオプションを設定して、新しい設定がデザインに反映されるようにしてください。 これらのオプションの設定方法については、下の「6.3.01i より以前のバージョンの ISE で新しい設定を生成する方法」 を参照してください。 これらの設定を組み込んだビットストリームは、新しいシリコン (日付コード 0433 以降) に使用できます。 以前のシリコンでは既にブロック RAM のタイミング仕様が満たされているので、新しい設定を使用したビットストリームを以前のシリコンに使用しても、問題はありません。

これらの設定は、XC3S200 および XC3S400 以外の Spartan-3 FPGA に適用されます。XC3S200 および XC3S400 は既に生産されており、ビットストリームの変更は必要ありません. XC3S50、XC3S1000、XC3S1500、XC3S2000、XC3S4000、または XC3S5000 を使用したデザインには、ISE 6.2.01i 以降のバージョンで生成した最新ビットストリームの設定が必要です。 6.3.01i より以前のバージョンを使用している場合は、次の「6.3.01i より以前のバージョンの ISE で新しい設定を生成する方法」 を参照してください。 XC3S200 および XC3S400 FPGA ではこの設定は必要ありませんが、適用した場合でも全く問題はありません。

6.3.01i より以前のバージョンの ISE で新しい設定を生成する方法
ISE 6.3i サービスパック 1 より以前のバージョンを使用している場合でも、新しい設定のビットストリームを作成することができます。 ただし、FPGA 内のすべてのブロック RAM が、WRITE_FIRST モードまたは NO_CHANGE モードである必要があります。 READ_FIRST モードのブロック RAM が 1 つでもある場合は、次の方法は使用できません。 デフォルトのモードは WRITE_FIRST なので、ほとんどのブロック RAM が WRITE_FIRST モードに設定されています。 次に示す BitGen 設定を使用すると、ザイリンクス ISE ソフトウェアで生成されたデフォルトの値が上書きされます。

-g Ibram_wdel0:1
-g Ibram_ddel0:1

READ_FIRST モードを使用しており、ISE 6.3i サービスパック 1 より以前のバージョンで新しいビットストリームを生成する必要がある場合は、次のサイトからウェブケースを開いてください。
http://japan.xilinx.com/support/clearexpress/websupport.htm


ビットストリーム プログラミング ファイルを生成するには、次のいずれかの方法を使用できます。
‐ コマンド ラインを使用
‐ ISE Project Navigator を使用

BitGen コマンド

コマンド ラインを使用して FPGA コンフィギュレーション ビットストリームを生成する場合は、次のように -g オプションを追加します。

bitgen -g Ibram_wdel0:1 -g Ibram_ddel0:1 <other_BitGen_arguments>

ISE Project Navigator

ISE Project Navigator を使用する場合は、次の手順に従ってください。
1. [Processes] ウインドウの [Generate Programming File] プロセスを右クリックし、[Properties] をクリックします。
2. [General Options] タブをクリックし、[Other Bitgen Command Line Options] の [Value] 列に、2 つの -g オプションを入力します。
3. [OK] をクリックして完了します。 その後、[Generate Programming File] プロセスを再実行してください。
AR# 19825
日付 08/02/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加