UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19837

XtremeDSP 開発キット - FUSE の GUI から DMA のリードおよびライトを実行する方法

説明

キーワード : SysGen, Xtreme DSP, development kit, FUSE, write, GUI, DMA, read, System Generator, 開発キット, ライト, リード

重要度 : 標準

概要 :
FUSE の GUI から DMA のリードおよびライトを実行する方法

ソリューション

この記述は、XtremeDSP 開発キットに付いてくる NUE_PING アプリケーション ノートに基づいています。

FPGA をコンフィギュレーションしてしまった場合は、以下のステップの 1 つをミスしたか、繰り返してしまっている可能性があります。FPGA のリセットとシステム リセットを確認し、ステップ 7 に戻ってカードが正しくリセットされたかどうか確かめてください。

FPGA のプログラミング
1. FUSE GUI を開き、XtremeDSP 開発キットを表示します。

2. [Reset] タブで [System Reset] および [FPGA Reset] をオンにします。

3. [Oscillator Frequencies] タブで [DSP Clock] を 40000KHz に設定します。

4. 検出されたカード リストから [Nallatech BenADDA] カードを展開します。

5. [2v80 Clock FPGA] を右クリックして [Select Assign and Configure] をクリックします。 表示されたダイアログ ボックスで、BIT ファイルを指定します。 このファイルは、NUE_PING アプリケーション ノートにあります。 正しいビット ファイルを選択していることを確認するには、XtremeDSP 開発キットで FPGA (通常は XC2V2000 または XC2V3000 FG676) 用の DimeScript フォルダを表示します。

6. [2v2000 USER FPGA] または [2v3000 USER FPGA] を右クリックして [Select Assign and Configure] をクリックします。 表示されるダイアログ ボックスで BIT ファイルを指定します。 このファイルは、NUE_PING アプリケーション ノートにあります。 正しいビット ファイルを選択していることを確認するには、XtremeDSP 開発キットで FPGA (通常は XC2
V2000 または XC2V3000 FG676) 用の DimeScript フォルダを表示します。

7. [Reset] タブで [PCI Interface Reset] をオンにします。

8. [FPGA Reset] をオフにしてから [System Reset] をオフにして、XtremeDSP 開発キットでリセットを解放します。

データの書き込み
9. [Current Address] の横のボックスに「0x00000001」と入力します。

10. [Current Address] をクリックします。(ダブルクリックしないでください。)

11. [Write] 列の [Data0] ボックスに、転送するワード数を 16 進数で書き込みます。 たとえば、16 ワード (0x00000010) を転送するとします。 ボックスを編集するには、ボックスをダブルクリックしてください。

12. [Write Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください。)

13. [Current Address] の横のボックスに「0x00000000」と入力します。

14. [Current Address] をクリックします。(ダブルクリックしないでください。)

15. [Write] 列の [Data0] ボックスに、「1 (0x00000001)」と入力します。

16. [Write Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください。)

17. [Linear Sequence] をクリックします。 [Write] 列のデータが 16 進数のリニア シーケンスに変わります。

18. [Words to Transfer] の横のボックスに「16」と入力します。

19. [Write Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください。)

データの読み込み
20. [Current Address] の横のボックスに「0x00000001」と入力します。

21. [Current Address] をクリックします。(ダブルクリックしないでください。)

22. [Write] 列の [Data0] ボックスに、転送するワード数を 16 進数で書き込みます。 たとえば、16 ワード (0x00000010) を転送するとします。 ボックスを編集するには、ボックスをダブルクリックしてください。

23. [Words to Transfer] の横のボックスに「1」と入力します.

24. [Write Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください).

25. [Current Address] の横のボックスに「0x00000000」と入力します.

26. [Current Address] をクリックします。(ダブルクリックしないでください).

27. [Write] 列の [Data0] ボックスに、「3 (0x00000003)」と入力します.

28. [Write Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください). この時点で、[FIFO] タブの [FPGA Read FIFO] が [Full] に変わったことが表示されるはずです。

29. [Words to Transfer] の横のボックスに「16」と入力します.

[Read Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください)。 これで、データ セクションの [Read] 列に FPGA Editor で書き込んだリニア シーケンスが含まれます。 また、、[FIFO] タブの [FPGA Read FIFO] が [Empty] に変わったことが表示されるはずです。

31. [Current Address] の横のボックスに「0x00000000」と入力します.

32. [Current Address] をクリックします。(ダブルクリックしないでください).

33. [Write] 列の [Data0] ボックスに、「0 (0x00000000)」と入力します.

34. [Words to Transfer] の横のボックスに「1」と入力します.

35. [Write Data] をクリックします。(ダブルクリックしないでください).

FPGA にさらにデータを書き込む場合は、ステップ 9 に戻る必要があります。
AR# 19837
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加