UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19855

6.3i SimPrim - GT10 モデルでタイミング シミュレーションを実行すると TXRUNDISP が X になる

説明

キーワード : SimPrim, VHDL, timing, simulation, ModelSim, NC-VHDL, TXRUNDISP, X_GT10, Rocket-IO, タイミング, シミュレーション

重要度 : 標準

概要 :
タイミング シミュレーションを実行する場合、UniSim モデルと SimPrim モデルで次のような相違が見られます。

1. ある時間後に TXRUNDISP が X になる。
2. TXOUTCLK の開始後に RXDISPERR と RXNOTINTABLE が X になる。
3. PMARXLOCK が High/Low に頻繁に切り替わる。

ソリューション

この問題は、最新版の 6.3i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、6.3i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 19855
日付 11/18/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加