AR# 20000

LogiCORE SPI-4.2 (POS-PHY L4) - SPI-4.2 コアで NGDBuild を実行すると、警告および情報メッセージがいくつか表示される

説明

SPI-4.2 デザインをインプリメントすると、NGDBuild で複数の警告/情報メッセージが表示されます。

ソリューション

情報メッセージ

次のようなメッセージが 1 つ以上表示されることがあります。

"INFO:NgdBuild:738 - A case sensitive search for the INST, PAD, or NET element referred to by a constraint entry in 'spi4_core1_top.ucf' that accompanies this design has failed, while a case insensitive search is in progress. The result of the case insensitive search will be used, but messages will accompany each and every use of a case insensitive result. Constraints are case sensitive with respect to user-specified identifiers, which includes names of logic elements in a design."

"INFO:NgdBuild:740 - Line 217 in 'spi4_core1_top.ucf': Found case insensitive match for NET name 'srcclk_fiforeset'. NET is "spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0/U0/SrcCLK_FifoReset'."

"INFO:NgdBuild:740 - Line 218 in 'spi4_core1_top.ucf': Found case insensitive match for NET name 'srcffclk_fiforeset'. NET is 'spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0/U0/SrcFFCLK_FifoReset'."

"INFO:XdmHelpers:851 - TNM "TSClk", used in period specification "TS_TSClk", was traced into DCM_ADV instance "spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0/U0/clk0/tsd". The following new TNM groups and period specifications were generated at the DCM_ADV output(s):

CLK0: TS_spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0_U0_clk0_TSClk_dcmo=PERIOD spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0_U0_clk0_TSClk_dcmo TS_TSClk*1.000000 HIGH 50.000000%"

"INFO:XdmHelpers:851 - TNM "RDClk_P", used in period specification "TS_RDClk_P", was traced into DCM_ADV instance "spi4_core1_pl4_snk_top0/U0/clk0/rdclk_dcm0". The following new TNM groups and period specifications were generated at the DCM_ADV output(s):

CLK0: TS_spi4_core1_pl4_snk_top0_U0_clk0_SnkClk_dcmo=PERIOD spi4_core1_pl4_snk_top0_U0_clk0_SnkClk_dcmo TS_RDClk_P/2.000000 HIGH 50.000000% INPUT_JITTER 300.000000 pS"

"INFO:XdmHelpers:851 - TNM "SysClk_P", used in period specification "TS_SysClk_P", was traced into DCM_ADV instance "spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0/U0/clk0/tdd". The following new TNM groups and period specifications were generated at the DCM_ADV output(s):

CLK0: TS_spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0_U0_clk0_SrcClk_dcmo=PERIOD spi4_core1_pl4_src_top_master_addr0_U0_clk0_SrcClk_dcmo TS_SysClk_P/2.000000 HIGH 50.000000% INPUT_JITTER 200.000000 pS"

これらの情報メッセージは NGDBuild で認識された内容とその対処方法を簡単に説明しているものです。エラーや警告メッセージではないので無視しても問題はありません。

無視してもかまわない警告メッセージ

異なる信号を対象にしている警告メッセージが 1 つ以上表示されることがあります。

WARNING:NgdBuild:440 - FF primitive 'pl4_implv4_128b_stat19479_9_pl4_snk_top0/U0/clkdomain0/srts/output_ff' has unconnected output pin.

WARNING:NgdBuild:440 - FF primitive 'pl4_implv4_128b_stat19479_9_pl4_src_top0/U0/sync0/ssses/output_ff' has unconnected output pin.

WARNING:NgdBuild:440 - FF primitive 'core1_pl4_src_top_master_addr0/U0/core0/data0/u10/dip4_val/FF5' has an unconnected output pin.

WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'core1_pl4_snk_top0/U0/core0/queue0/rrdadrx/FIFO_addr_gray_ffs(0)' has no load.

WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'core1_pl4_snk_top0/rdclk180_gp' has no load.

WARNING:NgdBuild:454 - logical net 'core1_pl4_snk_top0/snkcaldataout<7>' has no load.

これらの警告メッセージは、未接続およびおよびロードのない出力ピンに関するもので、無視しても問題はありません。これらの信号は使用されていないので、インプリメンテーション ツールのマップの段階で削除されます。

無視できない警告メッセージ

Sink コア : (IOSTANDARD に関する警告)

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "SnkIdelayRefClk_ibufg0".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "RStat_ibuf0".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "RStat_ibuf1".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "RSClk_ibuf0".

Source コア : (IOSTANDARD に関する警告)

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "pl4_src_clk0/sysclk_ibufg0".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "TStat_ibuf0".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "TStat_ibuf1".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "pl4_src_clk0/TSClk_ibuf0".

サンプル デザイン : (IOSTANDARD に関する警告)

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "CalClk_ibufg0".

WARNING:NgdBuild:488 - Attribute value "default" is not an accepted value for attribute "IOSTANDARD" on "LoopbackClk_ibufg0".

SPI-4.2 v7.0 では、I/O 規格がネットリストや UCF で定義されていません。そのため、内部デバイス終端なしで差動信号がすべてデフォルトで LVDS 2.5V に設定されます。シングルエンド信号はすべてデフォルトで LVCMOS になります。

上記の IOSTANDARD 属性の警告メッセージで報告されている入力および出力バッファに正しい I/O 規格を指定して、警告に対処する必要があります。これらのバッファに I/O 規格を定義するには、新しい制約を UCF ファイルに追加します。

たとえば、RSClk 出力バッファの I/O 規格を定義するには、次の制約を UCF に追加します。

INST "RSClk_ibuf0" IOSTANDARD = LVTTL;

Virtex-4 では、規格が定義されていないシングルエンドの I/O が ISE により LVCMOS25 に設定されますが、これは SPI-4.2 コアではサポートされていません。 SPI-4.2 コアでサポートされている I/O 規格の一覧、および UCF での I/O 規格設定方法については、(ザイリンクス アンサー 20017) を参照してください。

次の SPI-4.2 コア リリースでは、I/O 規格があらかじめ定義されている予定です。

AR# 20000
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般