UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20291

LogiCORE FIFO Generator - シミュレーションで「"*/X_FF RECOVERY Low VIOLATION ON SET WITH RESPECT TO CLK」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : CORE, CORE Generator, update, asynchronous, 16, block RAM, setup, hold, recovery, timing, fwft, fifo16, アップデート, 非同期, セットアップ, ホールド, リカバリ, タイミング

FIFO Generator コアでシミュレーションを実行すると、セットアップ, ホールドおよびリカバリのタイミング違反が発生し、次のようなエラー メッセージが表示されます。

# ** Warning: */X_FF RECOVERY Low VIOLATION ON SET WITH RESPECT TO CLK;
# Expected := 0.556 ns; Observed := 0.036 ns; At : 473.85 ns
# Time: 473850 ps Iteration: 0 Instance: /control_tb/u1/u6_notri_asreg
# ** Warning: */X_FF RECOVERY Low VIOLATION ON SET WITH RESPECT TO CLK;
# Expected := 0.556 ns; Observed := 0.036 ns; At : 473.85 ns
# Time: 473850 ps Iteration: 0 Instance: /control_tb/u1/u6_notri_asreg
# ** Warning: */X_FF RECOVERY Low VIOLATION ON RST WITH RESPECT TO CLK;
# Expected := 0.556 ns; Observed := 0.508 ns; At : 473.862 ns
# Time: 473862 ps Iteration: 0 Instance: /control_tb/u1/u3_asreg
# ** Warning : */X_FF SETUP Low violation on I with respect to CLK;
Expected := 1ns; Observed := 0ns; At : 28306ns
Instance /u2_u1_u1_n1541_ffx_sync_ff/u3_asreg

注意 : 実際のメッセージは、使用するシミュレータにより異なる場合があります。

ソリューション

原因

原因の 1 つは、CORE Generator の Asynchronous FIFO で RD_CLK と WR_CLK の速度が異なることです。 周波数を異なるものにすることはできますが、 FIFO には 2 つのクロック ドメインを通過する内部信号があり、同期化回路は RD_CLK と WR_CLK の両方を使用します。 同期化回路は、FIFO が非同期であるため必要です。 タイミング違反は発生しますが、FIFO は正常に機能します。 タイミング違反が 2 つのクロック ドメインにまたがるフリップフロップにより発生している場合、この違反は無視してもかまいません。

タイミング違反のもうひとつの原因は、FIFO Generator の WR_RST および RD_RST フリップフロップです。 FIFO Generator の非同期 RST は、それぞれ対応するクロックに同期化されます。 RST ユーザー入力がディアサートされるタイミングによって、クロック エッジ前のセットアップ タイムが適切でなく、同期フリップフロップでセットアップ タイム違反が発生することがあります。 このロジックは、この状態から正常に回復するよう設計されていますが、シミュレーション中に SimPrim の X_FF プリミティブによりエラーまたは警告メッセージが表示されることがあります。 リセットのアサートまたはディアサートによるタイミング違反は、無視してもかまいません。

FIFO Generator v4.1 コアでは、2 つのクロック ドメインを通過する信号の名前には、「_asreg」が含まれています。 これらは無視しても問題ありません。 名前に「_asreg_di」が含まれる信号は同期化されるので、タイミング違反は発生しません。
AR# 20291
日付 08/13/2007
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加