UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20305

6.3 EDK、XMD - [XMD Debug Options] を使用してカスタムのキャッシュおよび DCR オプションを指定する方法

説明

キーワード : XMD, EDK, 6.3, GUI, debug, opt, options, デバッグ, オプション

重要度 : 標準

概要 :
6.3 では、[XMD Debug Options] を使用すると、キャッシュおよび DCR オプションが制御されてしまいます。 カスタムのキャッシュおよび DCR オプションを指定する方法を教えてください。

ソリューション

カスタムの XMD オプションを指定するには、ルート プロジェクト ディレクトリにある xmd.ini ファイルを使用します。 xmd.ini は、XMD コマンドを含むテキスト形式のスクリプト ファイルです。 XPS 内で XMD を呼び出すと、xmd.ini ファイルのコマンドが実行されます。

次に、xmd.ini ファイルの例を示します。

connect ppc hw -debugdevice isocmstartadr 0xFFFFC000 isocmsize 16384 isocmdcrstartadr 0x18 dcrstartadr 0x78002000

キャッシュを使用しないで実行される実行ファイルの作成については、SR 17151 を参照してください。
AR# 20305
日付 04/11/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加