UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20429

Platform Cable USB - よく寄せられる質問 (FAQ)

説明


このアンサーには、プラットフォーム ケーブルに関してよく寄せられる質問 (FAQ) を掲載しています。

ケーブル サポートやその他コンフィギュレーション関連のソリューションは、(ザイリンクス アンサー 34104) を参照してください。

ソリューション


ザイリンクス USB ケーブル - よく寄せられる質問 (FAQ)

このアンサーには、ザイリンクス USB ケーブルに関してよく寄せられる質問 (FAQ) を掲載しています。

Windows-7 で 13.x のケーブル ドライバーをインストールできません。この問題の回避策を教えてください。

次のソリューションを試してください。

(ザイリンクス アンサー 41442) 13.x - Windows 7 に ISE 13.1 をインストールした後 iMPACT でケーブルを検出できない

(ザイリンクス アンサー 44397)13.x iMPACT - ケーブル ドライバーのインストール - Windows 7 でのインストールでは問題は発生しないが、Jungo ドライバー Windrvr6 が動作せずデバイス マネージャーに表示されない

新しいプラットフォーム ケーブル USB II (Model DLC10) があるのですが 9.2i SP4 またはそれ以前のバージョンのザイリンクス デザイン ツールを使用して接続することができません。どうしたらよいですか。

10.1 より前のデザイン ツールにはプラットフォーム ケーブル USB II ドライバーが含まれていないので、手動でインストールする必要があります。USB ケーブル ドライバーの入手およびインストールについては、次のサイトから『USB ケーブル インストール ガイド』 (UG344) を参照してください。
http://japan.xilinx.com/support/documentation/configuration_hardware.htm

メモ : ISE Design Suite 10.1 から、デザイン ツールのインストール時にプラットフォーム ケーブル USB II ドライバーを自動的にインストールできます。

9.2.04 より前のバージョンの ISE でプラットフォーム ケーブル USB II (モデル DLC10) を使用できますか。

プラットフォーム ケーブル USB II は、ザイリンクス USB ケーブルをサポートするすべてのバージョンのデザイン ツールと後方互換性があり使用できます。ただし、ドライバーをインストールする必要があります。USB ケーブル ドライバーの入手およびインストールについては、『USB ケーブル インストール ガイド』 (UG344) を参照してください。

メモ : v10.1 から、デザイン ツールのインストール時にプラットフォーム ケーブル USB II ドライバーを自動的にインストールできます。

プラットフォーム ケーブル USB はどのザイリンクス デザイン ツールでサポートされていますか。
  • ISE Foundation/ISE WebPACK ソフトウェア
  • ChipScope Pro analyzer
  • エンベデッド開発キット (EDK)
  • System Generator for DSP

ザイリンクス USB ケーブルでは Microsoft Vista はサポートされていますか。

Microsoft Vista の 32 ビットおよび 64 ビットがサポートされています。詳細は対応するデザイン ツールのユーザー ガイドおよび『USB ケーブル インストール ガイド』 (UG344): http://japan.xilinx.com/support/documentation/configuration_hardware.htm を参照してください。

ザイリンクス USB ケーブルでは Linux ベースの OS はサポートされていますか。

Red Hat Enterprise Linux WS および SUSE Linux Enterprise がサポートされています。詳細は『USB ケーブル インストール ガイド』を参照してください (リンクは上記)。

サポートされる OS のリストにない Linux ベースの OS (Fedora、Ubuntu など) を使用しています。ザイリンクス USB ケーブルはこれらの OS で使用できますか。

使用できる可能性はあります。サポートされていない Linux ベースの OS でもザイリンクス USB ケーブルを正しくインストールできた例は報告されていますが、ザイリンクスでは信頼性、パフォーマンス、適合性は保証しません。ザイリンクスではこれらの OS でのケーブルの使用をテストしていないので、サポートしていません。

ザイリンクス USB ケーブルでは Solaris はサポートされていますか。

現時点では、Solaris をサポートする予定はありません。

8.1i SP3 以前のザイリンクス デザイン ツールを使用して、プラットフォーム ケーブル USB モデル DLC9G (または DLC9LP) に接続できません。どうしたらよいですか。

DLC9G および DLC9LP のドライバーは、9.1i より前のソフトウェア インストール CD/DVD には含まれていません。デザイン ツールを最新バージョンにアップグレードするか (推奨)、ケーブル ドライバーを手動でインストールしてください。USB ケーブル ドライバーの入手およびインストールについては、『USB ケーブル インストール ガイド』 (UG344) を参照してください。 http://www.japan.com/support/documentation/configuration_hardware.htm

ザイリンクス USB ケーブルに最小限必要な PC 環境を教えてください。

ホスト コンピューターに、1 つ以上の USB ポートを持つ USB ホスト コントローラーが含まれている必要があります。コントローラーは、PC のマザーボードに配置するか、拡張カードまたは PCMCIA カードを使用して追加します。ザイリンクス USB ケーブルでは、USB 1.1 および 2.0 ポートの両方がサポートされています。パフォーマンスは USB 2.0 ポートの方が高くなります。詳細は、ケーブルのデータシート、『プラットフォーム ケーブル USB データシート』 (DS300) および『プラットフォーム ケーブル USB II データシート』 (DS593) を参照してください。
http://japan.xilinx.com/support/documentation/configuration_hardware.htm

Windows XP Professional 環境にケーブルを初めて接続すると、Windows の新しいハードウェアの検出ウィザードが 3 回続けて起動します。

ザイリンクス USB ケーブルは、完全に RAM ベースです。ファームウェアはケーブルがエミュレートするたびにダウンロードされます。そのため、次の各操作によって、新しいハードウェアの検出ウィザードがそれぞれ起動されます。
  • ケーブルを物理ポートに初めて接続し、エミュレーション中に内蔵されたベンダー識別子 (VID) および製品識別子 (PID) がホストに送信された場合。indows では、VID/PID を使用して、ファームウェアのダウンロードを実行するデバイス ドライバーを検出します。
  • ファームウェアが実行され、新しい PID がホストに送信された場合。Windows では、VID と新しい PID を使用して、USB ドライバー (windrvr6.sys) をケーブルに接続します。
  • ケーブルを高速ポートに接続していて、フル スピードから高速へ切り替えるため、ケーブル ファームウェアでソフト切断が実行された場合。

Windows では、ザイリンクス USB ケーブルと通信するために使用される各物理ポートごとに、レジストリー内に新規インスタンスが作成されます。インスタンスが作成されると、新しいハードウェアの検出ウィザードが繰り返されます。その後ケーブルを取りはずして同じポートに再接続した場合、新しいハードウェアの検出ウィザードは繰り返されません。

メモ : ザイリンクス USB ケーブルを Windows Vista 環境に接続した場合、新しいハードウェアの検出ウィザードは起動されません。

ザイリンクス USB ケーブルは RoHS に準拠していますか。

現在製造されているザイリンクス USB ケーブル (モデル DLC9G および DLC10) は、すべて RoHS (危険物質に関する制限) に準拠しています。つまり、ザイリンクス USB ケーブルには鉛、水銀、カドミウム、6 価クロムは含まれていません。

メモ : 前のケーブル (モデル DLC9 および DLC9LP) は RoHS に準拠しておらず、製造されていません。

ハードウェア システムによっては 24MHz 操作が実行できないのはなぜですか。

高周波数では、IDCODE の不一致または iMPACT でチェーンの識別できない問題が発生する場合があります。周波数が 24MHz の場合、サンプリングに十分なセットアップ マージンを確保するためには、TDO がターゲット デバイスからケーブルに伝搬する際に、約 32ns の時間枠があります。TDO とケーブルの間に TDO バッファまたは論理デバイスを使用するハードウェア システムでは、TDO の伝搬遅延が過剰になり、データが正しくサンプリングされないことがあります。

ボード ノイズによりシグナル インテグリティの問題が悪化することも問題となります。多くの場合 JTAG ラインの配線は優先順位が低く、ボード上でノイズの発生する原因となります。システムをリセットまたは静止モードにすると、多くの場合これらの状況が改善します。

また、24MHz で動作するよう指定されていないデバイスもあります。サポートされている最大 TCK_CCLK 周波数については、各デバイスのデータシートを参照してください。詳細は、『プラットフォーム ケーブル USB データシート』 (DS300) および『プラットフォーム ケーブル USB II データシート』 (DS593) を参照してください。http://japan.xilinx.com/support/documentation/configuration_hardware.htm

7.1i 以降の iMPACT では TCK_CCLK の最大周波数が制限されており、高周波数を選択できません。これはなぜですか。

7.1i の iMPACT から、チェーンで検出された各デバイスの BSDL ファイルが検索され、TCK_CCLK の最大周波数がチェーンの一番遅いデバイスに制限されるようになりました。これにより、TCK_CCLK が間違って設定され、バウンダリ スキャン操作中に一番遅いデバイスでエラーが発生するのを防ぐことができます。アクティブな TCK_CCLK 周波数は iMPACT ウィンドウの右下に表示されます。

スレーブ シリアルからバウンダリ スキャン モードに切り替えると、ケーブルが適切に動作しない理由を教えてください。

スレーブ シリアルからバウンダリ スキャン モードに切り替える場合 (または、バウンダリ スキャンからスレーブ シリアル モードに切り替える場合)、iMPACT でケーブルから接続が自動的に解除されません。プログラム モードを変更する前に、使用中のモードで [Cable Disconnect] を常に実行してください。モードを変更したら、[Cable Setup] を使用して手動でケーブルを選択するか、自動接続を実行してください。

iMPACT の 1 つのセッションで、同じホストに接続された複数の USB ケーブルと通信できますか (複数ケーブル制御)。

複数ケーブル制御は、iMPACT 10.1 から使用できます。この機能を使用すると、iMPACT の 1 つのインスタンスで 1 つのマシンに接続された 127 本までのザイリンクス USB ケーブルと通信できます。詳細は、『iMPACT ヘルプ』および『プラットフォーム ケーブル USB II データシート』 (DS593) を参照してください。http://japan.com/support/documentation/configuration_hardware.htm

メモ : 複数ケーブル制御は、10.1 より前の iMPACT では使用できず、現在のところほかのザイリンクス デザイン ツールでは使用できません。

複数ケーブル制御は、すべてのザイリンクス USB ケーブルは使用できますか。

複数ケーブル制御は、すべての USB ケーブル (DLC10、DLC9、DLC9G、および DLC9LP) で使用できます。パラレル ケーブル IV はサポートされません。

メモ : 複数ケーブル制御は、10.1 より前の iMPACT では使用できず、現在のところほかのザイリンクス デザイン ツールでは使用できません。

複数ケーブル制御は iMPACT バッチ モードで使用できますか。

現在のところ、複数ケーブル制御は iMPACT バッチ ファイル (.cmd) から使用することはできません。この機能は、10.1 サービス パック 3 に追加される予定です。


複数のザイリンクス デザイン ツールまたは同じデザイン ツールの複数のインスタンスで 1 つのザイリンクス USB ケーブルを共有できますか。

できます。ただし、一度に 1 つのアプリケーションでしかケーブル操作を実行できません。たとえば、iMPACT の 2 つのインスタンス (インスタンス A およびインスタンス B) が 1 つのケーブルに接続されているとします。A でプログラム操作を開始した後に B でプログラム操作を実行しようとすると、B は一時的にケーブルにアクセスできなくなっています。ケーブルがロックされていることを示すメッセージが表示され、操作は後で実行する必要があります。


パラレル ケーブル IV およびプラットフォーム ケーブル USB が同じ PC に接続されている場合、iMPACT でパラレル ケーブル IV に自動接続されるのはなぜですか。

iMPACT では、自動接続する際に決まった順序で接続を試みますが、パラレル ケーブル IV が最初のケーブルです。iMPACT で [Output][Cable Setup] をクリックすると、プラットフォーム USB ケーブルを指定できます。この順序は ISE 11.1 では逆になります。


ザイリンクス USB ケーブル ファームウェアのアップデート操作を誤って途中で終了してしまった場合どうなりますか。

次回デザイン ツールを USB ケーブルに接続する際に、ファームウェアのアップデートが正常に終了しなかったことが検出され、新しいアップデート操作が実行されます。回復することは可能ですが、ファームウェアのアップデート中にケーブルおよびデザイン ツールを操作しないようにしてください。ケーブル ファームウェアの詳細は、『プラットフォーム ケーブル USB データシート』 (DS300) および 『プラットフォーム ケーブル USB II データシート』 (DS593) を参照してください。 :http://japan.xilinx.com/support/documentation/configuration_hardware.htm

メモ : ザイリンクス デザイン ツールでファームウェアのアップデートが実行されなくなった場合は、次の手順に従って環境変数を設定するとアップデートを強制できます。
  1. DOS シェルに次のように入力して、環境変数を設定します。
    SET XIL_IMPACT_ENV_USB2_FORCE_CPLD_UPDATE=TRUE
  2. impact と入力して iMPACT を起動します。
  3. [Cable Communication Setup] ダイアログ ボックスでザイリンクス USB ケーブルを選択し、アップデートが完了するのを待ちます。
  4. iMPACT を閉じます。
  5. 次のように入力して環境変数をクリアします。
    SET XIL_IMPACT_ENV_USB2_FORCE_CPLD_UPDATE=

Linux での環境変数の設定方法については (ザイリンクス アンサー 11630) を参照してください。

ホスト システムに複数のバージョンのザイリンクス デザイン ツールがある場合、
デザイン ツールのバージョンを切り替えたときにザイリンクス USB ケーブルは機能しますか。


ザイリンクス ケーブルは、ザイリンクス ケーブルをサポートするデザイン ツールのすべてのバージョンと後方互換性があります。バージョンの切り替えは、スムーズに実行されます。ザイリンクス デザイン ツールとケーブルは、最新のデザイン ツールのドライバーとファームウェアを使用するよう設定されています。

複数のバージョンの ISE を 1 つのホストで管理するには、(ザイリンクス アンサー 9815) を参照してください。その他のザイリンクス デザイン ツールについては、該当するユーザー ガイドhttp://japan.xilinx.com/support/documentation/index.htm を参照してください。


ISE 6.2i ではプラットフォーム ケーブル USB が選択可能なコンフィギュレーション ツールとして表示されていますが、ケーブルが正常に動作しないのはなぜですか。

iMPACT の GUI では、[Cable Setup] ダイアログ ボックスに [Platform Cable USB] が表示されていますが、6.3.03i 以前のソフトウェアではサポートされていません。iMPACT 6.2i ではザイリンクス USB ケーブルは使用できません。

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
35011 ChipScope/iMPACT/CSE サーバー - 64 ビットのマシンでは 32 ビットの実行ファイルを使用できない N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34104 ザイリンクス コンフィギュレーション ソリューション センター - コンフィギュレーション デザイン アシスタント N/A N/A
AR# 20429
日付 03/06/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
このページをブックマークに追加