UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20475

CPLD CoolRunner-II - 小型 CoolRunner-II のデータシートに記載されている「Input Only」ピン

説明

キーワード : macrocell

重要度 : 標準

概要 :
小型 CoolRunner-II のデータシートに記載されている「Input Only」ピンとは何ですか。 これらのピンはデバイスのマクロセルには関連付けられていません。これらのピンに対する制限はありますか。

ソリューション

CPLD アーキテクチャでは、各出力が 1 マクロセルで駆動される必要があります。 小型デバイスの場合、このマクロセル数が限られています。 たとえば、32 マクロセルの CoolRunner-II では出力が 32 しかありません。 大型デバイスの中には、32 個の I/O、VCC、GND、VCCIO ピンを割り当てた後にも未使用ピンが残っていることがあります。

このため、小型デバイスは、余ったピンを入力専用ピンとして使用できるように、パッドにはマクロセルが必要ないので、余分の入力パッドを使ってデザインされていました。 入力専用ピンの使用については、「入力専用」として使用するという以外には、特に制限はありません。
AR# 20475
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加