AR# 20476

|

XST デザイン アシスタント - 等価レジスター削除に関する問題

説明


等価レジスター削除についてはこのアンサーを参照してください。

メモ : このアンサーは XST のザイリンクス ソリューション センター(ザイリンクス アンサー 38927) の一部です。XST のザイリンクス ソリューション センターには、XST に関するすべての質問が集められています。デザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、XST のソリューション センターから正確な情報を入手してください。

ソリューション


等価レジスター削除は、RTL レベルで記述されている等価レジスターの削除をオン/オフを切り替える XST オプションです。等価フリップフロップがザイリンクス プリミティブ ライブラリからインスタンシエートされている場合、デフォルトでは XST ではこれらは削除されません。

等価レジスター削除が合成中に実行されると、XST で次のようなメッセージが表示されます。

"Register REG_NAME1 equivalent to REG_NAME2 has been removed"

REG_NAME1 の機能は REG_NAME2 とまったく同じであることが XST で判断され、最適化で削除されています。しかし、場合によっては、これらのレジスターを保持しておきたい場合があります。非常に稀なケースですが、XST で誤ってレジスターが削除されてしまうことがあります。

レジスターが削除されないようにするには、[Equivalent Register Removal] という合成オプションを次のようにしてオフにします。

1. [Synthesize - XST] プロセスを右クリックし [Properties] をクリックします。
2. [Xilinx Specific Options] タブを選択します。
3. [Equivalent Register Removal] をオフにします。

しかし、このオプションをオフにするとプロジェクト全体に影響します。このオプションは、デザインにある実際に重複しているレジスターが最適化により削除されないようにするためのものです。ですから、特定のレジスターに等価レジスター削除制約を設定することを推奨します。XST 制約の設定方法については、(ザイリンクス アンサー 39749) を参照してください。

等価レジスター削除に関する詳細は、『XST ユーザー ガイド』、(ザイリンクス アンサー 38931) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
38927 XST に関するザイリンクス ソリューション センター N/A N/A
AR# 20476
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed