UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20546

Virtex-4、I/O - LOW キャパシタンスの I/O の容量が NORMAL に比べてどれくらい低いかについて

説明

キーワード : capacitance, IO, normal, dontcare, キャパシタンス, 通常

LOW キャパシタンスの I/O の容量は NORMAL に比べてどれくらい低いのですか。
また、CAPACITANCE 属性 LOW、NORMAL、DONT_CARE を設定するときの違いは何ですか。

ソリューション

CAPACITANCE は Virtex-4 の I/O で使用可能な新しい I/O 属性です。

この属性を LOW にすると、ISE でその I/O がパッケージのピン配置の LC として指定されたピンに配置されます。
NORMAL にすると、ISE でその I/O が LC 以外のピンに配置されます。
DONT_CARE (デフォルト) にすると、ISE でその I/O が使用可能ないずれかのピンに配置されます。

LC の I/O には差動出力 (LVDS_25、LVDSEXT_25、LVDS_25_DCI、ULVDS_25、LDT_25) が含まれません。

LOW の場合は、キャパシタンスが NORMAL よりもわずかに (約 0.5pF) 低くなるだけです。このため、デザイン インターフェイスへの影響はありません。 LC ピンにはクロック ケーパブル ピンまたはグローバル クロック ピンのいずれかになるものがあり、これらのピンは専用のクロック配線を使用してクロックを入力するために使用できます。
AR# 20546
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加