UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20557

6.3 EDK - MicroBlaze マップ エラー - "ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints (MACRONAME=microblaze_0, RLOC=R-4C14.S1)" が表示される

説明

キーワード : UCF, User Constraints File, ユーザー制約ファイル

重要度 : 標準

概要 :
MicroBlaze デザインで発生した次のマップ エラーを修正する方法を教えてください。

"ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints (MACRONAME=microblaze_0,
RLOC=R-4C14.S1) which require the combination of the following
symbols into a
single SLICE component:
RAM symbol

"microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I23/PC_OF_Buffer"
(Output Signal = microblaze_0/microblaze_0/PC_OF<23>)
FLOP symbol
"microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I22/PC_EX_DFF"
(Output Signal = microblaze_0/microblaze_0/PC_EX_i<22>)
FLOP symbol
"microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I23/PC_EX_DFF"
(Output Signal = microblaze_0/microblaze_0/PC_EX_i<23>)
RAM symbol

"microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I22/PC_OF_Buffer"
(Output Signal = microblaze_0/microblaze_0/PC_OF<22>)
The clock enable signals don't agree. Please correct the design
constraints
accordingly.
ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints (MACRONAME=microblaze_0,
RLOC=R-14C14.S1) which require the combination of the following
symbols into
a single SLICE component:
FLOP symbol"

このエラー メッセージが発生するビットは特定されていません。
この問題は、クロック イネーブルになる信号が 2 つの信号に分割され、この分割された 2 つのクロック イネーブル信号が同じスライスにマップされるように制約がつけられるために発生します。

ソリューション

XPS (EDK) 7.1 リリースの新規バージョンの MicroBlaze で修正される予定です。

マップを完了させるには、次の制約をシステムのユーザー制約ファイル (UCF) に追加してください。

INST "microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I*" USE_RLOC=FALSE;

"microblaze_0/microblaze_0" は、デザインの MicroBlaze インスタンス名によって異なります。

この制約は、デザインの Fmax を低減させる可能性があります。 より厳密な制約を適用する必要がある場合、エラーを生成するビットおよび PC_EX_DFF に対する RLOC 制約のみを削除できます。 また、上記の制約ではなく、つぎの制約をシステムの UCF ファイルに追加できます。

INST "microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I2/PC_EX_DFF" USE_RLOC=FALSE;
INST "microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I3/PC_EX_DFF" USE_RLOC=FALSE;
INST "microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I22/PC_EX_DFF" USE_RLOC=FALSE;
INST "microblaze_0/microblaze_0/Data_Flow_I/PC_Module_I/PC_Bit_I23/PC_EX_DFF" USE_RLOC=FALSE;
AR# 20557
日付 04/12/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加