UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20573

7.1 Spartan-3, PAR/Timing Analyzer - CLKFX 出力周波数に関して、「Warning:Timing 2798/2799」という誤った警告メッセージが表示される

説明

キーワード : DCM, min, max, violates, 6.3i, 最小, 最大, 違反

重要度 : 標準

概要 :
Spartan-3 をターゲット デバイスとして PAR/Timing Analyzer を使用すると、CLKFX の最小/最大周波数に関して次のような警告メッセージが誤って表示されます。

"WARNING:Timing:2798 - The output clock CLKFX_BUF from DCM DCM_INST has a period (frequency) specification of 8000 ps (125.00 Mhz). This violates the minimum period (maximum frequency) of 33330 ps (30.00 Mhz)."
"WARNING:Timing:2799 - The output clock CLKFX_BUF from DCM DCM_INST has a period (frequency) specification of 8000 ps (125.00 Mhz). This violates the maximum period (minimum frequency) of 4761 ps (210.04 Mhz)."

ソリューション

上記の例では、125MHz が最小/最大周波数の範囲に入っています。

この警告メッセージは、CLKFX 出力周波数が有効な範囲内にあれば、無視してもかまいません。 有効な周波数範囲については、Spartan-3 FPGA データシートの「DC およびスイッチング特性」を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xweb/xil_publications_display.jsp?sGlobalNavPick=&sSecondaryNavPick=&category=-1209725&iLanguageID=1

現時点で、この警告メッセージの表示が確認されているのは Spartan-3 のみです。
AR# 20573
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加