UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20606

7.1i MAP - Virtex-4 フローの新しいオプションであるグローバル最適化 (-global_opt on) について

説明

キーワード : synthesis, sp1, subroutine, MAP, map, 7.1i, optimization, timing, global_opt, 合成, サービス パック 1, グローバル最適化, MAP, オプション, タイミング, マップ

重要度 : 標準

概要 :
バージョン 7.1i サービス パック 1 の MAP に、グローバル最適化という新しいオプションが追加されています。 これはどのようなオプションですか。

ソリューション

このオプションは、デザインの QoR を向上させるためのものです。 このオプションを設定する方法は、コマンド ラインで「-global_opt on」 オプションを設定する方法と、ISE の MAP プロパティのダイアログ ボックスの [Global Optimization] を選択する方法があります。 このオプションがイネーブルになると、ほかのオプションであるリタイミング (コマンド ラインの 「-retiming on」) および等価レジスタの削除 (コマンド ラインの「-equivalent_register_removal」)は、ディスエーブルになります。

多くのフローがありますが、インプリメンテーションの TRANSLATE(NGDBuild) でNGD ファイルが生成され、初めてすべてのデザインがアセンブルされます。 このファイルは、サブネットリストが 1 つに結合され、IP コアと制約が適用されています。 グローバル最適化は、このファイルを認識し、より速く動作させるために、組み合わせロジックを再び最適化する必要があるかを判断します。 また、レジスタ最適化も実行します。等価レジスタおよびレジスタ リタイミングを実行し、レジスタ間の遅延バランスを図ります。 これらすべての機能をフル活用して、クロックの最大周波数を向上させます。 合成中にこれらの機能が使用されている場合がありますが、デザイン全体が考慮されているわけではありません。

グローバル最適化オプションは、-timing オプション(Timing Driven Packing および Placement ) とは異なり、ロジカル データベースに適用されますが、-timing オプションは、デザインの物理的なインプリメンテーションに適用されます。 グローバル最適化オプションは、より多くのネットリストの変更が可能ですが、-timing オプションは、パッキングや配置情報を考慮します。 これらの 2 つのフローは同時に有効にできるため、パフォーマンスを向上できます。

詳細 :
このフローは、Virtex-4 デバイスでのみ使用可能です。 既にリリースされている Virtex-4 以外のアーキテクチャをサポートする予定はありませんが、今後リリースするアーキテクチャはサポートする予定です。 サポートされていないアーキテクチャでこのオプションを使用すると、エラーが発生します。 デザイン ソースに制限はありません。

次に、グローバル最適化オプションを使用する場合、または使用しない場合における、ほかのオプション (デフォルト設定は大文字) を示します。
-- -l および -u オプションは使用できません。
-- -retiming [on/OFF] および -equivalent_register_removal [ON/off] はサポートされます。-global_opt はイネーブル。
-- その他の MAP オプション (-timing、-ignore_keep_hierarchy など) もサポートされます。

グローバル最適化オプションを使用する場合は、ガイド フローを使用しないことをお勧めします。 また、このリリースでは、インクリメンタル フローおよびモジュール フローも使用しないことをお勧めします。 ガイド モードを [Incremental] に設定することはできません。

グローバル最適化オプションを使用すると、.mrp ファイルのコマンド ラインに -global_opt on オプションが含まれ、標準出力に「Running global optimization...」が表示されます。 実行されるプロセスが 1 つ増えることになるので、ランタイムは増加します。

グローバル最適化でエラーが発生した場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Error: Map 128 - Unable to run global optimization for the design. Please rerun Map with global optimization disabled.
このエラー メッセージは、グローバル最適化段階で回復不可能な状況が発生した場合にのみ表示されます。 この場合、グローバル最適化オプションを使用せずに MAP を再実行します。

グローバル最適化を使用した場合、新しいピンの事前割り当て機能はサポートされません。 ピンの事前割り当て機能を使用すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

ERROR:LIT:96 - IPAD symbol "<my_port>" is unconnected.
ERROR:LIT:275 - IPAD IPAD symbol "<my_port>" is not connected to an IBUF, IBUFDS, GT11, GT11CLK, or MONITOR, those are the only legal components that can directly connect to an IPAD.
AR# 20606
日付 08/25/2005
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加