UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21000

7.1i Install - Linux または Solaris で、ディレクトリに既存ファイルがあると、インストール時にセグメント エラーが発生する

説明

キーワード : Red Hat, redhat, Solaris, OS, 7.1, core, dump, CD2, installation, UNIX, コア, ダンプ, インストール

サポートされている UNIX プラットフォームで ISE 7.1i をインストールすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Linux/Solaris:
<prompt>/.../setup: line 163: 8834 Segmentation fault
(core dumped) $setuploc/xilsetup $switch $batchfile
************ setup done! ***************"

Linux64:
<prompt>/.../setup: line 166: 1574 Segmentation fault
(core dumped) $setuploc/xilsetup $switch $batchfile"

ソリューション

1

まず、サポートされている UNIX OS をご使用かどうかを確認してください。次の UNIX OS が ISE 7.1i でサポートされています。

Red Hat Enterprise Linux 3.0 WS 32 ビット
Red Hat Enterprise Linux 3.0 WS 64-bit
Sun Solaris 8 32 ビットのみ
Sun Solaris 9 32 ビットのみ

サポートされている OS をご使用の場合は、ソリューション 2 および 3 を確認してください。

2

7.1i では、6.3i などの他のバージョンの ISE のインストール ファイルが残されている場合、インストール プログラムのセグメント エラーが発生します。

この問題を回避するには、インストール先のディレクトリにある、以前のインストールで残されたファイルをすべて削除してください。

3

1 つのディレクトリに複数の ISE 7.1i プラット フォームをインストールする場合には、各インストールの間に、次のファイルを削除または名前を変更してください。

fileset.txt
settings.sh
settings.csh
AR# 21000
日付 08/01/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加