UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21044

LogiCORE Tri-Mode Ethernet MAC v2.1 コア - リリース ノートおよび既知の問題

説明

キーワード : TEMAC, tri-speed, tri-mode, 10/100/1000, GMAC, GEMAC, Gigabit, patch, installation, instruction, ip1_h, IP Update 1, v2.1, ip2_h, IP Update 2, ip3_h, IP Update 3, トライ スピード, トライモード, ギガビット イーサネット, リリース ノート, 既知の問題, パッチ, インストール, 手順, アップデート

重要度 : 標準

概要 :
このアンサーは、7.1i IP アップデート 1 でリリースされ、7.1i IP アップデート 2 および 3 に含まれている LogiCORE Tri-mode Ethernet MAC v2.1 コアのリリース ノートです。 内容は次のとおりです。

- 新機能
- 修正点
- 既知の問題

メモ : 7.1i IP アップデート 2 および 3 では、 Tri-mode Ethernet MAC v2.1 コアのアップデートおよび修正はありませんでした。したがって、次の内容は、IP アップデート 1、2 および 3 のすべてに適用されます。

インストール手順とツール要件の詳細は、(Xilinx Answer 21019) を参照してください。

ソリューション

新機能

- Spartan-3E のスピード グレード -5 のサポートを追加
- ISE 7.1i のサポートを追加
- 新しい UniSim をベースとした機能モデル (VHDL または Verilog) でより高速のシミュレーションを実現
- 送信と受信クライアントにオプションのクロック イネーブル入力を追加し、使用する BUFG の数を低減
- 検証されるアドレス テーブル エントリの数を変更するオプションを追加
- CORE Generator 7.1i がサポートされるようディレクトリ構造をアップデート

修正点

- CR196253: 全二重から半二重に切り替えた後、最初に受信した半二重フレームでエラー チェックが不正になる
- CR198744: 1Gbps の半二重ビヘイビアを改善

既知の問題

Spartan-3E のサポートがスピード グレード -5 のデバイスに対して復活しました。
最新の Spartan-3E スピード ファイルを使用しても IEEE 802.3-2002 規格で定義された 2ns のセットアップおよび 0ns のホールド タイミングを満たすことができないため、Spartan-3E デバイスのサポートはいったん取り消されましたが、 Spartan-3E のスピード グレード -5 のファイルが I/O タイミング要件を満たすよう改善されました。 スピード グレード -4 の Spartan-3E デバイスでは I/O タイミング要件を満たすことができないため、サポートされません。

2. RGMII インターフェイス用の IOSTANDARD 制約が不正です。 詳細は、(Xilinx Answer 21325) を参照してください。

3. DCM を使用してコンフィギュレーションされたコアを Virtex-4 デバイスに使用する場合、新しい DCM のタイミング パラメータを考慮する必要があります。これには、DCM_STANDBY マクロを使用しなければならないことがあります。 詳細は、(Xilinx Answer 21888) を参照してください。

4. ターゲットに Spartan-3E デバイスを指定すると、インプリメンテーション スクリプトでサンプル デザインのビットストリームが生成されない。 詳細は、(Xilinx Answer 21056) を参照してください。

5. Spartan-3E の UCF 制約ファイルに問題があり、シミュレーションでセットアップ/ホールド エラーが発生する。 詳細は、(Xilinx Answer 21664) を参照してください。 この問題を解消するには、次のパッチをインストールし、コアを再生成してください。

パッチ

上記の 5 番目の問題を解消するには、7.1i サービス パック 3 および IP アップデート 1 以降を ISE にインストールする場合に、次のパッチを適用します。

http://www.xilinx.com/txpatches/pub/swhelp/ip_updates/xaui_v2_1_patch1.zip
http://www.xilinx.com/txpatches/pub/swhelp/ip_updates/xaui_v2_1_patch1.tar.gz
http://www.xilinx.com/txpatches/pub/swhelp/ip_updates/xaui_v2_1_patch1.gtar.gz

メモ : 上記のパッチをインストールした後に IP アップデート 1 をインストールし、さらに 7.1i IP アップデート 2 または3 をインストールすると、パッチファイルが元の誤ったファイルで上書きされてしまうため、パッチを再インストールする必要があります。


このパッチのインストール手順は、次のとおりです。
1. zip ファイル、gtar.gz ファイル、または tar.gz ファイルをザイリンクス インストール ディレクトリのルート ディレクトリに解凍します。 既存のファイルがすべて上書きされるオプションを選択し、アーカイブで定義されたディレクトリの階層が保持されるようにします。

PC の場合 :
コマンド プロンプトに次のように入力して、インストール ディレクトリを確認します。
echo %XILINX%

UNIX または Linux の場合 :
コマンド プロンプトに次のように入力して、インストール ディレクトリを確認します。
echo $XILINX

メモ : このパッチをインストールするには、システム管理者の権限が必要な場合があります。

2. パッチをインストールした後、CORE Generator で Tri-Mode Ethernet MAC コアを再生成します。 生成されたコアと関連ファイルには、上記の修正が含まれます。
AR# 21044
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加