UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21325

LogiCORE Tri-mode Ethernet MAC v2.1 コア - RGMII インターフェイスの I/O 規格が間違っている

説明

キーワード : Tri-mode, Tri-speed, TEMAC 10/100/100, Ethernet, MAC, RGMII, v1.2, v2.0, HSTL, LVTTL, constraint, ucf, IO standard, I/O standard, 制約, I/O 規格

重要度 : 標準

概要 :
Tri-mode Ethernet MAC v2.1 コアのユーザー ガイドには、RGMII インターフェイスが RGMII v2.0 仕様に沿って設計されていると記されています。 RGMII v2.0 仕様には、RGMII インターフェイスの I/O 規格として HSTL を使用する必要があると記されています。 しかし、ユーザー ガイドの制約セクションと UCF ファイル例には、3.3 LVTTL が使用されています。 どちらの情報が正しいのですか。

ソリューション

RGMII インターフェイスは、RGMII v2.0 仕様に沿って設計されているので、 I/O 規格には HSTL を使用する必要があります。 この問題は、今後のコア リリースで修正されます。

この問題を回避するには、RGMII 信号の I/O 規格を HSTL に変更してください。

RGMII インターフェイスは RGMII v2.0 仕様に沿って設計されていますが、デザインはデザイン例にインプリメントされています。 したがって、RGMII v1.2 インターフェイスが必要な場合は、デザインを適宜変更できます。 2 つのバージョンのレシーバは同じです。 v2.0 の送信ロジックは、データ有効ウィンドウの中央にクロックを送ります。 この場合、クロックは CLK90 から駆動され、データは CLK0 から駆動されます。 一方、v1.2 の送信ロジックは、データと一致するクロックを送り、PCB のクロックのトレース長に従って clock-to-data スキューを生成します。 この場合は、クロックとデータの両方が CLK0 から駆動されます。

また、RGMII インターフェイス向けにどの I/O 規格が適切か、RGMII のどのバージョンが適切か、PHY データシートを確認してください。
AR# 21325
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加