UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21398

ModelSim (MXE、SE、PE) - ビヘイビア シミュレーションでデータとクロックが同時に変化すると、同期エレメントが正しく動作しない (デルタ遅延)

説明

キーワード : ModelSim, MTI, MXE, PE, SE, behavioral, behaviorial, delta, delay, data, clock, same, synchronous, ビヘイビア, 動作, デルタ, 遅延, データ, クロック, 同じ, 同期

重要度 : 標準

概要 :
ビヘイビア シミュレーションで、データとクロックが同時に変化すると、同期エレメントが正しく動作しないようです。

ソリューション

これは、シミュレーション モデルの問題ではありません。 ModelSim などイベント ベースのシミュレータを使用する場合は、デルタ遅延が原因でエラーが発生しないよう注意する必要があります。 2 つのイベントが同時に発生すると、シミュレータはスケジューリング スキームを使用してどちらのイベントを最初にするかを決定します。 波形を参照すると、2 つのイベントが同時に発生しているように見えます。 実際には、1 つのイベントが先に、もう 1 つのイベントが次に発生し、デルタ遅延も発生します。 コーディング手法によっては、2 つのイベントが同時に発生すると、クロック エッジの前にデータが現れることがあります。 このとき、シミュレーション モデルが正しく動作していないように見えます。 実際には、シミュレーション モデルは正しく動作しています。 モデルはクロック エッジの前にデータが現れたことを検知するため、データは次のクロック エッジで出力されます (本来の遅延 100ps を追加)。

これは既知の問題で、コーディング手法を修正すると問題を回避できます。

詳細は、ModelSim マニュアルのデルタ遅延のセクションを参照してください。
AR# 21398
日付 02/20/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加