UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21519

CPLD CoolRunner-II - 消費電力を削減するために VCCIO バンクから電力を取り除くことはできるか

説明

キーワード : VCCINT, data gate, データ ゲート

消費電力を削減するためにバンクから電力を取り除くことはできますか。

ソリューション

バンクからは電力を取り除かないでください。 コアに電源が投入された状態で VCCIO から電力を取り除いても、I/O はピンを駆動して読み出そうとします。 トランジスタは不明な状態で、I/O をディスエーブルにした場合 (データ ゲートを使用して入力をディスエーブルにし、ピンが未接続にならないように終端で出力をトライステート状態にする) よりも電流が多く流れます。

VCCINT に電源が投入されたときにも、入力はオンの状態なので、 VCCIO に電源が投入されていないことにより入力が不明となり、コア ロジックに入力されるデータが不明になります。 出力も駆動しようとしますが、VCCIO の状態により異なる結果が得られます。 これはデータシートに記載されている動作条件からはずれるので、これらの条件下での動作は特性化されておらず、お勧めできません。
AR# 21519
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加