UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21566

LogiCORE PCI Express - SKP 順序セットが挿入される頻度

説明

キーワード : skip, 1180, 1158, 4.2.7, base, specification, スキップ, ベース, 仕様

重要度 : 標準

概要 :
PCI Express コアは、SKP 順序セットをどのぐらいの頻度で挿入しますか。

ソリューション

SKP 順序セットは、1538 シンボル タイムごと、または約 6.152us ごとに挿入されることになっています。 ただし、SKP 順序セットのリンクへの挿入は、ベース仕様のセクション 4.2.7.1 のルールに従う必要があります。 たとえば、パケットまたは順序セットが実行されていない場合、予定された SKP 順序セットが送信されます。送信されないと、順序セットが蓄積され、次のパケットまたは順序セットの境界で連続して挿入されます。 このため、パケットの送信中で、SKP 順序セットのタイマが終了した場合、パケットの送信が終了するまで SKP は挿入されません。 パケット送信中にタイマが複数の時間を終了した場合、SKP が蓄積され、パケット送信が終了すると一度に送信されます。
AR# 21566
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加