UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21584

10.1 Floorplan Editor/ PACE -ワイルドカード (*) はサポートされない

説明

キーワード : wild, card, constraints, UCF, ワイルド, カード, 制約

PACE では、UCF ファイルの個々の信号に設定されている制約のみが処理され、バスに設定されている制約は処理されません。バスの制約の設定には、ワイルドカード (*) が使用されています。この問題の回避策を教えてください。

ソリューション

次に、PACE で出力される UCF に含まれるバスの制約を示します。
-------------------------------------------------------------------
NET "a<0>" IOSTANDARD = SSTL2_I ;
NET "a<1>" IOSTANDARD = SSTL2_I ;
NET "a<2>" IOSTANDARD = SSTL2_I ;
NET "a<3>" IOSTANDARD = SSTL2_I ;
-------------------------------------------------------------------

これらの制約は、手動でワイルドカード (*) を使用して次のように短縮できますが、PACE ではワイルドカードを処理できません。

-------------------------------------------------------------------------------------------
NET "a<*>" IOSTANDARD = SSTL2_I ;
-------------------------------------------------------------------------------------------

構文は正しいですが、PACE では各ビットが個別にリストされている必要があります。
AR# 21584
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加