UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21605

Virtex-4 FPGA - Virtex-4 デバイス特定のシリコン ステップ情報の入手先

説明


このアンサーには、Virtex-4 デバイスのシリコン ステップに関してよく寄せられる質問 (FAQ) が記載されています。このアンサーに含まれる情報は、次のサイトにある Virtex-4 データ シート (DS302) の製品ステップ セクションにも含まれています。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/virtex-4.htm#19321

シリコン ステッピングに関する一般情報については、(ザイリンクス アンサー 20947) を参照してください。

ソリューション


質問 1 : Virtex-4 デバイスの製品ステップ レベルを教えてください。

現在の Virtex-4 製品デバイスは次のとおりです。
  • LX および SX ファミリには、製品ステップ 1 デバイスおよびステップ 2 デバイスがあります。
  • FX ファミリには、ステップ 0 デバイスおよびステップ 1 があります。

LX、SX、FX ファミリにはすべて、エンジニアリング サンプル (ES) デバイスもあります。

質問 2 :Virtex-4 の製品デバイスには、どのバージョンの ISE を使用する必要がありますか。

LX または SX ファミリの場合は、ISE 7.1i サービス パック 4 以降のバージョンが必要です。このバージョンとサービス パックで、LX/SX ファミリの製品デバイスのステップ レベルが完全にサポートされています。

FX ファミリの製品デバイスを使用する場合は、ISE 8.1i サービス パック 2 以降のバージョンが必要です。Virtex-4 エンジニアリング サンプルおよび製品デバイスに関するソフトウェア サポートの詳細は、表 1 を参照してください。

質問 3 :Virtex-4 のステップ レベルを変更すると、デザインにどのような影響がありますか。

異なるステップ レベルを設定する場合は、次に注意してください。

DCM マクロの挿入

LX/SX デバイスで CONFIG STEPPING="ES" または "1" に設定した場合、DCM マクロを手動で挿入する必要があります。詳細は、(ザイリンクス アンサー 21127) を参照してください。

LX/SX デバイスで CONFIG STEPPING="2" に、FX デバイスで "SCD1"、"0"、またはそれ以降に設定すると、ISE デザイン ツールで追加のロジック (1 DCM あたり約 15 スライス) が挿入され、クロック入力またはクロック フィードバックが停止すると、DCM が自動的に自動キャリブレーション モードになります。詳細は (ザイリンクス アンサー 21435) を参照してください。

スピード仕様

スピード仕様 v1.54 を使用する場合は、すべてのステップ レベルで同じタイミングがレポートされます。

スピード仕様 v1.58 以降を使用すると、ES、ステップ 0、ステップ 1、ステップ 2 の値が使用可能で、CONFIG STEPPING の設定に応じた値がデザインに適用されます。

スピード仕様の v.1.54 は、7.1i サービス パック 3 に含まれています。スピード仕様の v.1.58 は、7.1i サービスパック 4 にパッチで適用できます。ISE 8.1i にはデフォルトで含まれます。ISE サービス パックを入手するには、ダウンロード センターにアクセスしてください。http://japan.xilinx.com/support/download/index.htm

7.1i サービス パック 4 のパッチをダウンロードするには、(ザイリンクス アンサー 22197) を参照してください。

スピード仕様のバージョンについては、(ザイリンクス アンサー 12201) を参照してください。

質問 4 :Speedprint を実行すると、どのステップ値がレポートされますか。

Speedprint では、デバイスのデフォルト値が使用されます。たとえば、Virtex-4 LX/SX デバイスでは、ステップ レベル 1 の値がレポートされます (質問 8 を参照)。ES デバイスのタイミングがデフォルトのステップ値と異なる場合は、該当のエラッタに記載されます。

質問 5 :ステップ 1 のビットストリームをステップ 2 のデバイスにダウンロードできますか。

できます。新しいステップ レベルは、それ以前のステップ レベルと互換性があります。そのため、あるステップ レベルのビットストリームをそれより高いステップ レベルのデバイスにダウンロードすることは可能で、質問の例のように、ステップ 1 のビットストリームをステップ 2 のデバイスにダウンロードできます。

表 1 と表 2 は、ES (エンジニアリング サンプル) と製品版のステップ デバイス間の LX、SX、FX デバイスのビットストリームの互換性をそれぞれ示しています。互換性は、表 3 と表 4 のソフトウェア条件に従って作成されたデザインによって異なります。

表 1 - Virtex-4 LX/SX ビットストリームの互換性
表 1 - Virtex-4 LX/SX ビットストリームの互換性


注記 1 : このメモは LX25、LX60、および SX35 のみに適用されます。ビット ストリームは、システム同期デザインでの若干のタイミング差異を除き、互換性があります。この差異は ES エラッタに記述されています。ほとんどのデザインは、この差異の影響を受けません。別のステップ パーツでのタイミング検証でサポートが必要な場合は、ザイリンクス FAE までお問い合わせください。

注記 2 : (ザイリンクス アンサー 21127) に記述されている DCM マクロの手動挿入は不要です。ISE デザイン ツールでは、マクロが手動で挿入されない場合、自動で挿入されるようになっています。詳細は (ザイリンクス アンサー 21435) を参照してください。

注記 3 : ステップ 1 シリコンをステップ 2 のビットストリームと共に使用している場合、ステップ 2 のビットストリームで Autocalibration をオフにして DCM マクロを手動で挿入する必要があります。

表 2 - Virtex-4 FX ビットストリームの互換性
表 2 - Virtex-4 FX ビットストリームの互換性


注記 1 : CES3 から CES4 または CES5 に移行する場合、正しい CONFIG STEPPING 設定を使用して新しくビットストリームを生成する必要があります。 正しい設定については、表 4 を参照してください。

注記 2 : FX の Step 0 および Step 1 シリコンの違いについては、エラッタを参照してください。

質問 6 :Virtex-4 デバイスの有効な CONFIG STEPPING 値を教えてください。CONFIG STEPPING に無効な値を設定するとどうなりますか。

FX デバイスの有効なステップ レベルは ES、および 2 です。

FX デバイスの有効なステップ レベルは ES、SCD1 および 1 です。

無効な値を設定すると、ISE デザイン ツール (MAP) でエラーが発生します。

質問 7 :ISE 7.1i サービス パック 4 で、Virtex-4 デバイスのデフォルトのステップ レベルはいくつですか。デフォルトが変更されることはありますか。

LX/SX のデフォルトの CONFIG STEPPING は 1 です。

FX のデフォルトの CONFIG STEPPING は 0 です。

注記 : ES デバイスをターゲットにする場合は、CONFIG STEPPING を対応するエラッタにリストされる値に設定する必要があります。ES デバイスの LX/SX/FX は製品デバイスの LX/SX/FX と同じではありませんので、CONFIG STEPPING = ES に設定されている FX ES のビットストリームは、FX ステップ レベル 0 デバイスにはダウンロードできません。

デフォルトのステップ レベルの値は、今後の ISE リリースで変更される場合があります。 この変更によってデザインに影響が出ないようにするため、CONFIG STEPPING を設定することをお勧めします。この変更によってデザインに影響が出ないようにするため、CONFIG STEPPING を設定することをお勧めします。

質問 8 :古いバージョンのソフトウェアで ES デバイスをターゲットにしたビットストリームを生成しましたが、ISE 7.1i サービス パック 4 でビットストリームを再生成する必要はありますか。

あります。LX/SX ファミリ デバイスでは、ISE 7.1i サービス パック 4 以降が必要です。適切な CONFIG STEPPING 値が設定されていることを確認してください。FX ES および製品デバイスのビットストリームを生成するのに必要なソフトウェアバージョンについては、表 2 を参照してください。

質問 9 :上記の情報に対する相互参照の表はありますか。

次の 2 つの表は、上記の情報をまとめたものです。
表 3 - Virtex-4 LX/SX のソフトウェア要件
表 3 - Virtex-4 LX/SX のソフトウェア要件


* 注記 : 詳細は (ザイリンクス アンサー 22197) を参照してください。

表 4 - Virtex-4 FX のソフトウェア要件
表 4 - Virtex-4 FX のソフトウェア要件


*注記 : 詳細は (ザイリンクス アンサー 22197) を参照してください。
**注記 : SW 要件および最小速度仕様はスピード グレードによって異なります。
-10 v1.58 8.1i サービス パック 2 (SP2)
-11 v1.62 8.2i サービス パック 3 (SP3)
-12 v1.65 9.2i サービス パック 1 (SP1)

質問 10 : 製品マークが判読できない場合、デバイスのステップ レベルを判断するにはどうしたらいいですか。

デバイスのトップ マークからステップ レベルを判別する方法は、(ザイリンクス アンサー 1067) を参照してください。製品マークが読み取りにくかったり、ヒートシンクで隠れている場合は、次に示す方法で iMPACT の JTAG ID からステップ レベルを判断できます。表 3 と 4 のデバイス バージョンと比較してみて、デバイスのステップ レベルを判断してください。

デバイスの JTAG リビジョン ID は、iMPACT で [Get Device ID] を実行すると確認できます。ログ ファイルの例は次のとおりです。

// *** BATCH CMD : ReadIdcode -p 1
Validating chain...
Boundary-scan chain validated successfully.
'1': IDCODE is '00000001011010110100000010010011'
'1': IDCODE is '016b4093' (in hex).
'1': : Manufacturer's ID =Xilinx xc4vlx60, Version : 0


表 5 - Virtex-4 LX/SX のステップ レベル対 JTAG IDCODE
表 5 - Virtex-4 LX/SX のステップ レベル対 JTAG IDCODE


デバイスの JTAG リビジョン ID は Virtex-4 データ シート (DS302) の表 62 : JTAG ID Code by Step またはデバイスのエラッタに記載されています。
http://japan.xilinx.com/support/#nav=sd-nav-link-19224&tab=tab-sd

注記 : 低機能デバイスの代わりに高機能デバイスが送付されることがあるので、ステップ 1 とマークされたパーツの中には、ステップ 2 と同じ JTAG ID コードを持つものがあります。常に、低機能デバイス用に設計してください。
AR# 21605
日付 01/22/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Virtex-4
このページをブックマークに追加