UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 21749

NetGen、タイミング シミュレーション - 以前のバージョンに比べてランタイムが長く、より多くのメモリが使用される

説明

キーワード : simulate, NetGen, longer, runtimes, シミュレーション, 長い, ランタイム

以前のバージョンに比べて、NetGen のランタイムが長く、より多くのメモリが使用されます。

ソリューション

最新バージョンの NetGen では、NetGen をスタティック タイミング解析にあわせるため、追加の作業はバックグラウンドで行われます。 最新のアーキテクチャを使用すると、TRACE の計算に相対最小遅延が使用されるため、タイミング シミュレーション ネットリストで遅延が一致しなくなります。

この問題は ISE 8.1i で修正されましたが、そのためにランタイムが長くなりました。 NetGen がバックグラウンドで TRACE を起動するため、ランタイムが長くなり、メモリの使用量が多くなります。

この問題は、ISE の将来のリリースで修正する予定です。
AR# 21749
日付 11/16/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加